スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インデックス投資(パッシブ投資)は市場を非効率にする

先日、不正決算問題で揺れる日興CGの銘柄を一部のインデックスファンドが組入銘柄から除外したことについて、インデックス投資家の水瀬さんrennyさんのブログで議論が盛り上がっていました。

個人的には、インデックスファンドそもそもインデックスファンドは対象インデックスの全銘柄の買い持ちをするファンドではないので、組入銘柄の入替えを議論する意味があるのかな~と思っています。

他方で、今回の議論を通じてインデックス投資(パッシブ投資)を再認識し、インデックス投資が普及するほど市場は非効率になるのではないかと思いました。その理由は次の2つです。

(1) インデックス投資家の増加=市場参加者の減少
上記の議論では、結果として損害を被ることとなっても構わないので、インデックスファンドは勝手に組入銘柄を入れ替えるべきでないという意見が多く見られました。
もちろん、インデックス投資とはそういうものですが、インデックス投資家は、成長の見込めない企業の株式を売却したり、逆に、成長の期待できる企業の株式を買い増したりしませんから、価値と価格の調整弁としての機能を持ちません。つまり。市場参加者の合理的な判断によって市場が機能すると考えた場合、インデックス投資家は市場に存在していないのと同じなのです。

(2) 株式の流通量の減少に伴うボラティリティの増大
インデックス投資家は(当該インデックスを売却しない限り)基本的に保有株式を売却しませんから、その分だけ市場で流通する株式の量が減少することになります。
モノの値段は需要と供給のバランスでりますから、理論上は、何らかの理由により当該企業の株式の需要が急増又は急減した場合、流通量が少ないほど値動きの上下のブレが大きくなることになります(実際、流動性の低い銘柄ほど値動きが激しくなる傾向があります)。

 もっとも、現状は、そもそもインデックス投資の選択肢がほぼ皆無と言っても過言でありませんから、その弊害を懸念する以前の状態です。私も適当なインデックス商品がないため投資を見送っている国・地域がありますので、まずはインデックス投資の環境整備を期待しているところです。
・・・・それに、アクティブ投資家としては、将来インデックス投資が普及して市場が非効率になったら、それだけチャンスが広がるわけですからね。そういう意味でも、インデックス投資が早く普及してくれた方が嬉しいかも、というのが今回のオチでした(笑)
[ 2007/02/16 23:08 ] 投資全般 ファンド | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/97-013cc51d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。