スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「東証とNYSEの戦略的提携」に失望する

2月1日(NY時間の1月31日)、東証とNYSEが「戦略的提携」について合意した旨を発表しました。

東証(東京証券取引所)プレスリリースの抜粋〕
両取引所は、テクノロジー、投資者や発行体へのサービス、投資商品、取引所の ガバナンス・規制などの分野につき、共同開発や新しい協力の機会を模索します。この合意には両取引所間の将来の資本提携の可能性に関する議論の着手も含んでいます。なお、この合意は他の取引所に対して排他的なものではありません。
(中略)
具体的分野
この度の合意に基づき、両取引所はワーキング・グループを発足させ、相互に関心のある特定の分野について、定期的・継続的に協議を行います。協議分野に は、例えば、IT及び市場のインフラストラクチャー、取引サービス、市場データ関連商品、発行体や投資者へのサービス、相互マーケティング・プロモーショ ン、上場会社に関する規制などが含まれます。また両取引所は、一方の取引所に上場する発行体による、他方の市場の投資者に対するアクセスを改善すべく、上場プロセスの協力を検討します。

NYSE(ニューヨーク証券取引所)のプレスリリースも基本的には同じ内容です。

大証がETF拡充のための上場基準見直しを打ち出したこともあり(参考記事)、東証とNYSEの今回の合意内容にも期待していましたが、率直に言って、とても失望しました。
「合意に基づいてWGを設置し、特定分野の協議を行う」とのことですが、そうすると今までの交渉は一体何だったのか?
もしかして、どの分野についてWGを設置するのかで交渉が難航していたとか?

具体的な事項について合意に至らなかったので、「WGを設置して協議を継続」という形で御茶を濁すことにしたというのが素直な見方だと思います。期待していた海外ETFについても、具体的なことは何も触れられていませんし、どうやら東証には期待してもムダみたいですね。

〔参考記事〕
○梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー「東証とNY証取、業務提携で合意」
○rennyの備忘録「東証、NYSEの提携」
○ホンネの資産運用セミナー「東証、NY証券取引所とETF相互上場」
○資産運用-消費者によい投資信託を買おう「東京証券取引所とNYSE Groupが戦略的提携に合意」

[ 2007/02/01 13:44 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/92-c7bd7484








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。