スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント」

貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント―ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ智恵
北村 慶

PHP研究所 2006-04
売り上げランキング : 890
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本書のテーマは「負けない資産運用とは何か?」です。
マーケティングのせいかタイトルと表紙はややfunnyですが、本書はファイナンスの入門書として秀逸です。βやリスク、複利効果や時間分散、モダン・ポートフォリオ理論などといったファイナンスの基礎が、投資になじみのない素人にも分かりやすく解説されています。正直、これらを本書以上に分かりやすく解説するのは至難の業じゃないかな。

「老後に備えてそろそろ投資の勉強をしてみよう」という方が最初に読むにふさわしい本だと思います。投資にあまり関心のない方は本書の内容で十分だろうし、もっと投資を勉強したいという方も、本書を読んでおけば今後の勉強の助けになると思います。

ちなみに私は、本書より、北村氏の前著「外資ファンド 利回り20%超のからくり」の方に興味をそそられます。個人的に興味のある分野ですし、ファイナンスの基礎をここまで分かりやすく解説できる著者は外資ファンドをどう見ているのかなと思って。著者は投資ファンドの勤務経験があるそうですしね。

それにしても、「金持ちのインベストメント」。インベストメントって、本質的には、金持ちが資産を守るための投資手法なんですよね。インベストさえしていれば誰でも金持ちになれるというほど、世の中甘くはありません(本書にもそんな甘い話は書いてありませんし)。

(参考)
本書の内容をもっと知りたい方は、
AKIさんのブログ「成長株で億万長者」の記事が参考になります。
[ 2006/12/27 20:01 ] 読書感想文 | TB(0) | CM(2)

こんばんは。
僕は北村慶氏の貧乏人のデイトレ、外資ファンド20%超のからくり、投資ファンドとは何か、の3冊読みました。
貧乏人のデイトレは何度も読み返しています。
北村氏の著作はどれも秀逸ですね。
[ 2006/12/28 00:40 ] [ 編集 ]

>yarnoさん

そうですか、他の著作も期待できそうですね。楽しみです。
ありがとうございました。
[ 2006/12/28 14:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/79-15a1d82e








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。