スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バフェットとNTI(核脅威イニシアティブ)

「The economist」 (September 23rd-29th 2006号)に次のような記事が掲載されていました。

============================
民間の慈善団体であるNTI(核脅威イニシアティブ)は、ウォーレン・バフェットが寄付した5000万ドルを、IAEAが運用する核燃料銀行の設立のために提供した。これは、各国に対し、拡散しがちな核燃料製造技術の開発より、民生用の核燃料の購入を促すことを目的としている。
=============================

HPによると、NTIはNBC兵器の脅威を減らすことを目的として活動する団体で、バフェットはこの団体の役員となっています。
どの国でも核燃料を買えようにすれば、核技術を開発する必要(大義名分)はなくなります。事はそう簡単ではないと思いますが、理念は分かりますし、その理念のために自分たちで出資して活動するというのはすごいと思います。

バフェットに限らず、米国の富豪は寄付や慈善活動に積極的という印象を受けます。いくら稼ぐかは大切ですが、それをどう使うかはもっと大切。今年2月、任天堂の山内相談役が京都大学に70億円の寄付をして京大病院に新病棟を建設するという報道がありましたが、日本でもこうした例が増えたらいいなと思います。

私も投資収益の一部を寄付する意欲はあります。でも、そのためにはまず収益をあげないと・・・・(泣)
[ 2006/09/29 18:42 ] 偉大な投資家 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/40-17213cdb








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。