スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「バフェットとソロス 勝利の投資学」

バフェットとソロス 勝利の投資学原題は「The winning investment Habits of Warren Buffett and George Soros」(ウォーレン・バフェットとジョージ・ソロスの勝利の投資の習慣)。
邦題より原題の方が本書の内容を適切に表していると思います。



本書はファンダメンタル投資家とオプショントレーダーという対極に位置する2人の共通項を探ることで、成功する投資家に必要な「投資の習慣」を明らかにしています。

銘柄選択や売買といった投資方法ではなく、投資行動自体にスポットを当てている点が非常にユニークです。本書でいう「習慣」とは経験と学習を通じて習得する「無意識的能力」のことで、無意識的能力を獲得することによってリスクを抑えることができると言っています。
・・・・こう書くと何のことだかよく分かりませんが、例えば、登山家は登山に必要な技術・経験を習得しているので一般人より登山のリスクが低い、あるいは、運転免許所持者は運転技術を習得しているので無免許の人より自動車運転のリスクが低いということ。つまり、訓練と経験を積むことでリスクを抑えられると言うことです。言われてみると当然なんですが、私はこの本を読むまで投資でもそれが当てはまるなんて考えたこともありませんでした。

本書を読んで、投資の勉強を始めた頃に抱いていた2つの疑問、つまり
(1)著名な投資家の著作物に「投資の黄金則」が載っていないのはなぜか
(2)著名な投資家によって、投資についての考え方が異なるのはなぜか
という2つの疑問の謎が解けました。投資哲学や投資方法は自分で作り上げていくもので、誰でも確実に成功できる投資の公式なんて存在しないということですね。

また、本書に記載されている投資哲学・投資方法で考慮すべき12の要素は、自分の投資方法を考える際の参考になります。
株式投資で平均以上の利益を得たい人は必読です。「投資の黄金則」を探すより、本書を読んでマジメに投資に取り組んだ方が合理的だと思いますよ。

■■成功する投資の習慣23箇条■■
〔習慣1〕最重要事項は「元本を確保する」ことである。

〔習慣2〕(習慣1の結果として)リスク回避的である。

〔習慣3〕自分の性格、能力、知識、嗜好及び目的に基づいて独自の投資哲学を作り上げる。
→ 結果として、非常に成功している投資家の投資哲学は一つとして同じにならない。

〔習慣4〕投資を選び、自分独自の銘柄選択及び売買手法を開発し、実践している。

〔習慣5〕分散投資なんて小鳥さんのやることだと信じている。

〔習慣6〕税金や取引コストを嫌い、合法的に税金を最小化するべく手段を講じる。

〔習慣7〕自分に理解できるものにだけ投資する

〔習慣8〕自分の基準に合致しない投資は拒絶する。

〔習慣9〕自分の基準に合った新しい投資機会をいつも探しており、自分自身で積極的に調査を行う。

〔習慣10〕自分の基準に合う投資対象が見つかるまで、いつまでも待てるだけの忍耐力を持つ。

〔習慣11〕決めたらすぐに行動する。

〔習慣12〕うまくいった投資は事前に決めた手仕舞う理由が現実になるまで手放さない。

〔習慣13〕神に従うがごとく自分のシステムに従う。

〔習慣14〕間違いが分かったらすぐに修正する。

〔習慣15〕いつも間違いを学習経験として扱う。

〔習慣16〕経験を積めば積むほどリターンも高くなる。

〔習慣17〕自分の投資を口外せず、自分の投資意志決定についての他人の評価を気にしない。

〔習慣18〕ほとんどの仕事を他人にうまく任せている。

〔習慣19〕稼ぎに比べてずっと慎ましく暮らしている。

〔習慣20〕刺激と自己充足のためにやる。金のためではない。

〔習慣21〕思い入れを抱くのは投資のプロセスであり、投資対象ではない。

〔習慣22〕一日中投資のことを考えている。

〔習慣23〕全財産を賭けて投資する。


[参考]
以下のブログにも本書の解説記事があります。
・投資を楽しむ♪
・soulram’s weblog
[ 2006/09/25 23:33 ] 読書感想文 | TB(2) | CM(4)

こんにちわ

コメントありがとうございました。
登山の話、わかる気がします。
この本のほかにも、投資家を比較した本を最近読んでおります。今度、書いてみます。(もう空色さんは呼んでらっしゃるかもですが。)
また、覗いてみますね。
[ 2006/09/26 18:44 ] [ 編集 ]

投資哲学や投資方法は自分で作り上げていくもので、
誰でも確実に成功できる投資の公式なんて存在しない


↑いいですねー。握手を求めに行きたいくらいです。
だから私はバフェット関連の一番の売れ筋、
「バフェットの銘柄選択術」が嫌いでお薦めしていません。
[ 2006/09/26 20:11 ] [ 編集 ]

空色さん、こんばんは。
良書の紹介ありがとうございます。そうなんです、今、私はどんな投資法が一番良いのかを考えているんですよね。空色さんの記事を読んだだけでもハッとさせられた気分です。
自分に理解できるかどうか分かりませんが、早速、読んでみる事にします。今度は、こちらのアフィから注文します(笑)という事は前回は・・・ゴメンナサイウッカリシテマシタ。
[ 2006/09/26 23:35 ] [ 編集 ]

みなさま、コメントありがとうございます。

>soulramさん
投資家を比較した本ですか。心当たりがないので、まだ読んでいないと思います。記事を楽しみにしていますね。

>まろさん
赤字の部分はまさに私の言いたいところ。まろさんにそういって貰えると嬉しいです。こう考えるようになってから、まじめに投資を勉強するようになりました。勉強することが多過ぎて時間がたりないことが最大の悩みです。

>manuwさん
どんな投資法がよいかは人によって違うんです。この本を読めば、その辺のところを理解してもらえると思います。いきなりこの本を読むと「それでどうすりゃいいんだ?」となりかねませんが、それなりに投資書籍を読んでから読むとすっきりできると思います。
[ 2006/09/28 01:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/38-39ba0eb7


バフェットさん関係の推薦図書

多額の寄付のニュースをきっかけに、バフェットさんに興味を持った人が多いみたい。これからバフェットさんについて学びたい方へ、お薦め本の紹介。半年前に書いた記事を、新しく出版された本も含めて書き直しだよん
[2006/09/26 20:11] URL 投資を楽しむ♪

[本][投資]バフェットとソロス 勝利の投資学

久しぶりに投資関連の本を読んだのですが、この本は非常に面白かったです。正直、バフェット本は何冊か読んでいますが、これが一番面白かった。 ウォーレン・バフェットとジョージ・ソロスという成功した投資家を取り上げて、彼らの共通項を探り、「成功する投資家のは何を
[2006/09/26 18:45] URL soulram’s weblog






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。