スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2009年の対外資産負債残高・国際収支統計

先日の報道によると,2009年末(暦年)の対外純資産は過去最高の266兆円で、19年で世界一とのこと。
対外純資産はプラスの方がいいんだろうけど(まあマイナスなら資産といわないけど)、19年連続世界一というのが良いことなのかどうか分からなかったので、ちょっと勉強してみた。

1.対外債権債務残高と国際収支統計

財務省HP
によると、ある時点で居住者が保有する海外の金融資産(対外資産)と、非居住者が保有する本邦の金 融資産(対外負債)の残高を記録した「対外資産負債残高」という統計があり、対外資産から対外負債を差し引いた金額がプラスの計数の場合を対外純資産というそうです。
対外純資産残高は、毎年末時点のものが日本銀行HPに掲載されています。先日の報道はこの公表を受けたものですね。

そして、これと密接に関係する統計として、一定の期間における、居住者と非居住者との間で行ったあらゆる対外経済取引(フロー)を体系的に記録した「国際収支統計」という統計があるそうです。両者はいわばフローとストックの関係にあり、基本的には、ある年末の対外純資産額(対外純負債額)は、前年末の残高に経常収支の黒字額(赤字額)を加えた金額と一致することになります。
国際収支統計は、毎年末時点のものと毎年度末時点のものが財務省HPに掲載されています。5月上旬に、2009年度の経常収支が大幅改善したという報道がありましたが、こちらの報道はその頃に公表された年度末時点の国際収支統計を受けたものです。

フローとストックの関係でいくと、国際収支統計だけ年末と年度末の2種類の統計を採るのかよく分かりません。
何か意味があるのでしょうか。

2.対外債権債務残高の概要

対外資産負債残高の詳細は日本銀行HPに掲載されています。
対外資産・対外債務の内訳がグラフで表されていますが、直接投資より証券投資の方が全然比率が高くてびっくり。
国際的にそうなのか,日本の特徴なのかはよく分かりません。

20100529_01

諸外国との比較で気になったのは、日本の直接投資が低いことです。
直接投資の名目GDP比率は、対外投資、対内投資とも諸外国よりもかなり低い水準です。
特に対内直接投資の名目GDP比率は、諸外国が約19~ 47%に対し、日本はたったの3%。
日本が外国投資の受入に消極的なのか、外国にとって日本に直接投資する魅力がないのかは分かりません(たぶん後者だと思います)が、いずれにしても大きな問題だと思います。

20100529_02

対外資産債務残高はIMFの基準に沿って作成されているようなので、各国の滞在債権債務残高の詳細を比較すれば、日本の問題点はきっとあぶりだされてくるはず。
でも、そのための手間と時間、なにより語学力が不足しているので今回は諦めました(笑)

もしかしたら、対外純資産が多い理由は、国内に投資機会が乏しいせいで国内の資金が海外流出し、海外からの資金流入も低調なため、というお粗末な理由なのかもしれません。
国際収支統計をみても輸出総額・輸入総額とも年々減少しているので(円ベースでみた場合)、日本の経済力が少しずつ低下しているのかな、なんて考えてしまいました。

(注)本文中の表・グラフは「2009年末の本邦対外資産負債残高」(日本銀行国際局・PDF)から引用しました。
[ 2010/05/29 22:01 ] 政治経済 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/238-0b711520








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。