スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

戸部良一ほか「失敗の本質」

本書は、大東亜戦争(太平洋戦争)での旧日本軍の敗戦の分析を通じて旧日本軍の組織特性を明らかにし、さらに、現代日本の政治・企業組織にも旧日本軍に共通する組織原理がみられるとしてその改善の方策を低減している。
ほんの1~2年前までこのテの(太平洋戦争関連の)書籍にはなんとなく抵抗感があったんだけど、取引先の研修機関のお姉さんに勧められて栗林中将関連の書籍を読んでから、得るものありと考えを変えて読むようになった。

本書では、旧日本軍の敗戦の要因を次のように分類している。
(1)戦略上の失敗要因分析
 ◯戦略目的のあいまいさ・不統一
 ◯長期的視野の欠如
 ◯「空気」の支配(主観的な意思決定)
 ◯ワンパターンな戦略思想
 ◯アンバランスな戦闘技術

(2)組織上の失敗要因分析
 ◯人間関係重視・インフォーマルネットワーク偏重
 ◯組織統合が属人的(制度上は担保されていない)
 ◯失敗や経験に学ぶ姿勢・組織文化の欠如
 ◯動機やプロセスを過度に重視した人事評価・個人責任の曖昧

次に、上記のような失敗要因が生じた原因として、旧日本軍の組織原理を挙げている。
具体的には、軍隊は本来、高度に合理的・階層的である官僚組織であるはずなのに、本来の官僚制と日本独特の集団主義が奇妙に入り交じり、官僚組織のメリットが失われてしまったとのことである(本書でいう「官僚組織」とは、現在一般にいわれている「官僚組織」とはニュアンスが異なる。)。

そして、現代日本の政治・企業組織にも旧日本軍に共通する組織原理がみられるとして、日本の企業組織は環境に応じて柔軟に組織戦略・目的を変更できる自己革新組織となるべきであり、そのためには自己否定学習や公正な人事システム等が重要であるとして締めくくっている。

本書は初版が1984年に出版されているのでかれこれ25年以上も前の書籍だけど、内容は現代にも十分通用する。
本書では、インパール作戦,レイテ海戦、沖縄戦など6つの作戦を例にあげて日本軍の問題点(軍事上ではなく組織戦略・意思決定上の問題)を検証している。そこで挙げられる問題は組織戦略・目的の欠如、コミュニケーション不足による認識の不一致、その場その場の「空気」や情実・インフォーマルな人間関係を踏まえた意思決定など、現代日本の組織が抱えている問題とほとんど同じで、程度の差こそあれ「うちの職場でもこーいうのあるよなあ」と思わされるところが多々ある。それって結構よくないことで、「このままいくと日本ってヤバイんじゃないか」と考えさせられてしまう。

以前取り上げた山本七平「『空気』の研究」とともに、強くおすすめできる本。

失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)

中央公論社 1991-08
売り上げランキング : 674
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

[ 2010/05/20 00:08 ] 読書感想文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/237-f5aa2d7c








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。