スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カールじいさんの空飛ぶ家

先日、DVDで借りてきた。

78歳のカールじいさんが、亡くなった妻との約束を果たすため、空飛ぶ家に乗って冒険に出掛けるという物語。
カールじいさんの目的地は、幼い頃から憧れていた、南米の「パラダイスフォール」。
あっという間に滝の近くまで行けるんだけど、そこからが本当の冒険の始まりだったというお話。

映画の冒頭、幼いころのカール少年が将来の妻と出会い、結婚してから妻と死別するまでをまとめた10分間がぐっとくる。
どうしてわざわざ空飛ぶ家で冒険に出掛けるのかも、この10分間で描かれている。
個人的には、かーるじいさんが空に飛び立ってから、パラダイスフォールの近くに着くまでがいちばんドキドキした。
空飛ぶ家が雷雲に巻き込まれるシーンでは、「行こう! 父さんは帰ってきたよ」というパズーの声が聞こえたりして(byラピュタ)。

パラダイスフォールに着いてからは、カールじいさんが怪鳥に乗るシーンでは「チョコボかよ!」と突っ込んだり、こどものころに憧れた冒険家と戦うシーンでは「あんたら、いったい何歳だよ!」と突っ込んだり(年相応に、戦っている最中に腰を痛めたりと芸は細かいけど)とそれなりに楽しめはするものの、話の展開がありきたりだったのでちょっと残念。
アニメ映画で初めてカンヌのオープニング作品になったり、ゴールデングローブ賞を受賞したりと評判はいいんだけど、そこまで面白いかはちょっと疑問。観て損はしないとは思うけど‥

ところで、カールじいさんが目指す「パラダイスフォール」は、ベネズエラに実在する「エンジェルフォール」がモデル。映画の冒頭でカールじいさんがベネズエラ行きの航空券を買うシーンがあるので間違いない。
この滝は約1000mという世界最大の落差を誇る滝で、滝の水が地面に届く前に霧散してしまうため滝つぼがないらしい。
日本のテレビでも時々取り上げられていて、1~2年前の「世界 ふしぎ発見!」では、ミステリーハンターが滝の真下まで行っていた。
映画で描かれているパラダイスフォール周辺の景色が「世界 ふしぎ発見!」で観た映像とよく似ていて、そっちの方も気になってしまった。

交通の便が悪いので、遊覧飛行付きのツアーで行くのが一般的らしい。
実際に行った人の旅行記を見つけたので載せておく。
いつか行きたいなあ。

カールじいさんの空飛ぶ家 [DVD]カールじいさんの空飛ぶ家 [DVD]

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント 2010-04-21
売り上げランキング : 27
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


(関連ブログ)
佐藤秀の徒然幻視録
映画的・絵画的・音楽的
いかぞ徒然。
yanajun
[ 2010/05/08 08:28 ] 映画 DVD | TB(3) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/233-5fc437b2


カールじいさんの空飛ぶ家

 アニメ「カールじいさんの空飛ぶ家」をTOHO日劇で見てきました。  少し前に同じデズニー映画の「クリスマス・キャロル」を見たばかりですが、その時は「パフォーマンス・キャプチャー」の方に目が行ってしまいがちだったので、もっと純粋のアニメで3Dを見たらどうだろ...
[2010/05/08 21:15] URL 映画的・絵画的・音楽的

カールじいさんの空飛ぶ家 (原題:UP)

『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。 ●導入部のあらすじと感想
[2010/05/08 12:28] URL yanajun

カールじいさんの空飛ぶ家

公式サイト。原題:UP。ピート・ドクター監督、声:エド・アズナー、クリストファー・プラマー 。これはどう見ても日本の風船おじさんこと鈴木嘉和氏が1992年に起こした「ファンタジー号事件」をヒントにしたとしか思えない。
[2010/05/08 08:56] URL 佐藤秀の徒然幻視録






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。