スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

正解のない問題

先日、個人的にとても印象に残る判決がありました。
自殺未遂により意識不明となった長男を刺殺した母親が、執行猶予となったという判決です。

================================================
長男刺殺の67歳母、刑猶予 東京地裁の裁判員裁判

 自殺を図り意識不明となった40歳の長男を病院内で刺殺したとして、殺人の罪に問われた無職和田京子被告(67)の裁判員裁判で、東京地裁は22日、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。
 山口裕之裁判長が「思い悩んだ末とはいえ、人を殺して状況を打開することは許されない」と諭すと、和田被告は「ありがとうございます」と涙を流し、逮捕後15キロやせたという体を震わせた。
 判決によると、長男は昨年7月15日、勤務先の会社の屋上で首つり自殺を図って意識不明に。医師からは「回復する可能性は限りなく少ない」と告げられた。
 家族に追い打ちをかけたのが高額の治療費。今回の自殺未遂は健康保険の適用外で、人工呼吸器だけで1日10万円以上と病院に言われた。
 長男には2人の子どもがいた。将来を案じた長男の妻が「私が呼吸器を外す」と医師に訴えたのを知った被告は、犯行を決意した。
 「嫁や孫を苦しませてはいけない。生みの親が責任を取る」
 25日夕、東京都文京区の大学病院に向かった。集中治療室で全身に生命維持装置をつけ、けいれんを続ける長男の左胸を4回包丁で刺した―。
2010/04/22 20:42 【共同通信】
================================================

この事件にはとても考えさせられました。
もしこの母親から事件前に相談されたら、自分は、彼女の助けになるような選択肢を示すことができたのだろうか。いくら考えても、妥当な結論は出ませんでした。
また、もし自分がこの母親と同じ境遇に立たされたらと考えてみると、彼女は悪意ある犯罪者ではなく、むしろ、採りうる選択肢の中でいちばん辛く、かつ勇気ある選択をしたのではないかとさえ考えてしまいました。

「あなたはあの時こうすべきだった」という解を持ち合わせていないのに、「あなたがあの時ああしたのは間違いだった」と非難することができるのか。それはとても無責任な行為なのではないか。
他方で、「あなたはあの時こうすべきだった」という解が見つからないからといって、「あなたがあのときああしたことのは仕方がない(だから犯罪ではない)」と言っていいものかどうか。それだってとても無責任な行為なのではないか。

正解のない問題にも、何らかの決断を下さなくてはならない。
なんとなく、人生の縮図みたいだなと考えてしまいました。
[ 2010/04/30 00:47 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)

司法への市民参加のかたち

初めて投稿させて頂きます。

記事を一読した後、改めて読み返して「裁判員裁判で」との記載を確認し、
正解のない問題に判断を下す難しさ、心労に思いを致すとともに、やはり
司法は私たち市民によって支えられるべきもので、直接・間接の市民参加
を促す裁判員制度には意義があるのだろう、という自分なりの「結論」を
得ました。

空色様がご記載の、「母親から事前に相談されたら」「母親と同じ境遇に
立たされたら」といった問いに取り組むには、私自身は人生経験も感情に
おける経験も不足していると、ついつい気遅れしてしまうのですが、そも
そも何らかの経験を積むことで妥当な結論に至る問題ではないのでしょう。

そう考えてみますと、やはり自分は市民として司法インフラを支える権利
と義務が自分にもあるのだいう意識がこれまで未発達であったのだと思い
ます。ご紹介頂いた記事には、とてもとても考えさせられました。
[ 2010/05/05 16:36 ] [ 編集 ]

愛の挨拶さん

はじめまして。コメントありがとうございます。
裁判員制度には批判もありますが、刑事司法は国家の機能の根幹に関わるものですので、個人的には、一般国民がそこに関与できる仕組があるというのは評価してよいのではないかと考えています。
[ 2010/05/06 01:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/229-72bd036d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。