スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

国際分散ポートフォリオ(2)

昨日の記事で紹介した「ファンド」のポートフォリオ構成は以下のようになります。
〔国内株式:35%〕
 ・さわかみファンド(さわかみ投信)
 ・インデックスTSP(マネックス証券)
〔海外株式:40%〕
 ・ステート・ストリート外国株式インデックス(楽天証券)
〔海外債券:25%〕
 ・中央三井 外国債券インデックス (ソニー銀行)

 投資方法は、グレアムが「賢明なる投資家」で防衛的投資家に勧めている方法と、水瀬さんの「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」で紹介されている「ちょっと投資心をくすぐるドルコスト平均法」をベースに、私なりにアレンジしてみました。

 具体的に説明すると、次のようになります。
1.基本はバイ・アンド・ホールド
2.年間60万円をポートフォリオに投資
3.毎月の投資額は4万円。残りの12万円は、12月末のポートフォリオの構成比が35%・40%・25%となるようバランスを考えて追加投資

 要は、毎年の投資額、毎月の投資額、年末のポートフォリオ構成比だけを決め、どの銘柄にいつ投資するかは自由ということです。この投資方法により、そのときにいちばん安い資産クラスに集中して投資できます。また、追加投資によってバランスを調整するので、値上がりしたファンドを売却する場合に比べて売却益にかかる税金を節約できます。

 ちなみに、この「ファンド」、投資歴0年の妻が運用することになりました。私の個別株投資のパフォーマンスが妻のパフォーマンスを下回ると、私が投資に費やした時間とコストはまったくのムダ、ということになってしまいます・・・・
 妻に後れを取らないよう、もっと精進しなくっちゃ。
[ 2006/08/23 21:16 ] 投資全般 ファンド | TB(2) | CM(5)

空色さん、こんばんは。
投資信託を活用したアセットアロケーションが素晴らしいですね。私は、これまで投資信託に興味を持っていませんでしたが、ドルコスト平均法を加えることによって良い資産運用の手段となるんですね。なるほど・・・。
ちなみに、空色さんのポートフォリオの期待リターンとボラティリティがどの位になるのか教えて頂けないでしょうか?参考にさせて頂きますね。
[ 2006/08/23 23:25 ] [ 編集 ]

トラックバック&記事でのご紹介ありがとうございました。
このバランスの取れたポートフォリオは、なかなか手強いですぞ。
頑張ってください!!(^^)
[ 2006/08/24 00:33 ] [ 編集 ]

>manuwさん
コメントありがとうございます。
でも、ご質問の期待リターンとボラティリティは、企業秘密なので教えられません。

・・・・ごめんなさい、ウソです。
期待リターンは、ざっくり7~10%くらいですが、それくらいだったらいいな、という程度で根拠はありません。
ボラティリティ(予想変動率と理解します)は、計算していません。というか、計算方法を知りません。

バフェットやリンチを尊敬していることからお察しいただけるかと思いますが、私はモダンポートフォリオ理論等にあまり関心がありません。私のメインの投資対象はあくまで日本の個別株で、今回のポートフォリオは、ぶっちゃけ、「国と資産クラスを分散させればリスクは低いだろ。インデックスだから銘柄選択を間違えることもないし。」という程度の代物です。高度な金融理論に基づくものではありません。

ご期待に添えなくてすいません・・・・

>水瀬さん
こちらこそ、いろいろ教えていただいてありがとうございました。
条件をこれだけ緩くすると、毎月の投資も退屈しなくていいんじゃないかと思っています。
面倒くさくなったら、各ファンドに毎月1万円ずつ投資して、年末にまとめて調整しちゃえばいいんですし。
ひとつ気になるのは、ファンド別にみると毎月の投資額は一定ではないので、果たしてこれを「ドルコスト平均法」と言っていいのかってことです。別にどうだっていいことなんですが・・
[ 2006/08/24 00:36 ] [ 編集 ]

バランスのとれたポートフォリオですね^^
ETFは利用されないんですか?
[ 2006/12/25 22:26 ] [ 編集 ]

>にじ@Rayさん

投資に疎く、興味もない妻のためのPFなので、購入タイミングを測る必要があるETFは除外しています(私はアドバイスをしていないので)。
後の記事で書きましたが、さわかみファンドは外れ、海外株式は中央三井外国株式に変更しています。後者の変更はにじさんの助言を容れたものだったはず。
この記事を書いたころは「ちょっと投資心をくすぐる~」を予定していましたが、妻が「それは面倒くさい」と言って拒否したため、現在は機械的な定期積立てに変わっています・・
リバランスは、年末のボーナスで行っています。
[ 2006/12/25 22:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/21-ce5164d8


にじ@アセットアロケーション 公開!

今年ももうすぐ終わりですね^^思い返せば,新婚早々いきなり給料が下がり頭に来て資産運用を開始したのが4月でした。それから9ヶ月,高校→大学と完全に文系(職業もモロに文系です)の私が経済・金融関係の書籍を読み漁り
[2006/12/19 12:41] URL 虹の節約&資産運用奮闘BLOG

投資信託の販売手数料と信託報酬

私の作った「ファンド」のポートフォリオを紹介した記事について、にじ@Rayさんから、販売手数料より信託報酬を重視した方がよいという指摘を受けました。最初は、ドルコスト平均法の場合は定期的に購入する必要がある
[2006/09/02 10:31] URL Aから始める:企業価値に基づく投資






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。