スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自分のキャッシュ・インフローの重要性

久しぶりに、まじめな投資の話題です。

株式市場は、一時期に比べると幾分値戻ししましたが、未だ先行き不透明です。
株式市場から既に撤退してしまった個人投資家も少なくないようですが、株式市場に留まっている個人投資家の中にも、相場の低迷が随分続いたため、種銭を使い果たしてしまってじっと我慢を続けている方が多いのではないでしょうか(少なくとも私はそうです。)。

先日ふと思ったのは、私のような投資スタイルの場合、追加投資を継続できるだけの現金収入(キャッシュ・インフロー)の確保が重要だということです。

私は現在、安定した配当収入と株主資本の安定成長が期待できる優良企業を割安な価格で買い、できるだけ長期で保有するという、非常に安直な戦略を採っています。
投資した銘柄を売却するのは、投資した企業が実は優良企業でなかったとき(あるいは、優良企業でなくなったとき)、投資した企業の株価が適正水準を大きく上回ったとき、保有銘柄を現金化してでも投資すべき有望な銘柄が見つかったときだけです。

私の戦略では、保有銘柄を現金化する機会が限られますので、追加投資に充てる資金は、給与収入から投資に振り向けている分と、保有銘柄からの配当収入だけです。
この結果、追加投資に宛てられるのは毎月数万円ですので、ポートフォリオ全体からみると僅かな金額にとどまってしまいます。

それでも、市場が好調で保有銘柄の株価が好調なときは気になりませんでしたが、最近のように株式市場の低迷が続くと、いささか心許ないですし、何より絶好の投資機会を指を咥えて見ているほかないのがとても悔しいです。

敬愛するバフェットに思いを馳せると、彼には、若い頃には自分のビジネスで得た利益が、バークシャーには傘下の保険会社から得られるフロートがありますから、株式市場全体が冴えないときでもまとまった追加投資を行えたんじゃないかと思います。
そして、当たり前ですが、株式市場が冴えないときに投資できる資金が多いほど、株式市場が持ち直したときのパフォーマンスは向上することとなります。

こうして考えてみると、ビジネスや会計を学んで投資眼を養う必要があるのはもちろんですが、それ以上に、自分の現金収入を増やす努力をする必要があると感じました。やっぱり、世の中そんなに甘くないってことですかね。



[ 2009/05/05 09:02 ] 投資全般 投資哲学 | TB(0) | CM(2)

空色さん、はじめまして。

babooconと申します。

僕も空色さんと同じような投資スタイルを志向していますが、
やはり不況時に十分な追加投資を行なうためのキャッシュ・インフローの重要性を痛感しています。

バフェット氏とバークシャーの投資戦略はその銘柄選択能力ばかりが注目されがちですが、
空色さんも仰られているように、傘下の保険会社からのフロートや事業子会社からの配当収入などの追加投資資金の調達面も同じかそれ以上に重要なファクターだと感じています。

しかし一般の会社員にとって現金収入を増やすというのは、この時代なかなか簡単なことではないですよね・・・。
[ 2009/05/14 23:08 ] [ 編集 ]

>babooconさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

このように考えるようになってから、以前より配当性向や配当利回りを重視するようになりました。
リーマン投資家にとっては貴重な現金収入ですから・・
[ 2009/05/15 23:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/208-6fdb4991








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。