スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

桜井久勝著「財務会計講義」

私が最初に読んだ会計学の教科書です。先日御紹介した「現代会計入門」は私にとってはやや難しかったので、ネットで公表だったこちらの教科書を購入しました。

本書は、オーソドックスな会計学の教科書です。基本的に各科目別に1章が割り当てられていて、基本的な考え方が仕訳とともに紹介されています。決算書の読み方が分からないので会計学の基礎を学びたいという方には非常にお薦めです。

教科書としてはそれほど厚い方ではありませんし、仕訳や図表も載っているので、見かけより簡単に読み終えることができると思います。
また、仕訳も初心者向けに(というか仕訳を知らない方にも分かるように)やさしく書かれていますので、これまで簿記などの勉強をしたことがなくても大丈夫です。

決算書を読んで株式投資をしたいが決算書の読み方が分からないという方は、巷のハウツー本を読み漁るより、本書のような教科書から始める方が時間の面でもコストの面でも効果的だと思います。
先日紹介した山口揚平氏の「企業分析力養成講座」や、勝間和代氏の「決算書の暗号を解け!」といった企業分析系の本も、会計学の基礎を学んでから読んだ方がより理解が深まると思います(会計学の基礎を知っていると、彼・彼女らの「専門分野のエッセンスをシンプルに伝えるチカラ」のスゴさが分かります。)。

なお、本書では、会計制度の歴史やさまざまな会計理論の考え方といった点までは学ぶことができません。そういった方面で物足りなさを覚える方は「現代会計入門」に進むとよいと思います。

財務会計講義 第9版財務会計講義 第9版
桜井 久勝

中央経済社 2008-02
売り上げランキング : 5722
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

[ 2008/10/23 22:08 ] 投資全般 | TB(0) | CM(2)

読んだことあるような無いような?
と思って書庫を調べてみたらやはり持ってました。第7版でしたが。カバーが外れていたので相当読み込んだのだと思います。(よく読む本はカバーを外すクセがあります;)

この本は著者の主観を出来るだけ排除し、会計をアカデミックに説明する態度がいいですね。(読み物としてはキツイということなんですが;)
ただ、やはり簿記の最低限(2級程度)の知識がないとあまり理解できないような気がします(7版は)。

何かを真に理解するには近道はないと思いますので、仰るようにハウツー本を何冊も買い漁るより、始めに基礎を学んでおいた方がはるかに効率的だと私も思います。

[ 2008/10/23 22:58 ] [ 編集 ]

>ぐっちさん

コメントありがとうございます。

すいません、私も読んだのは7版でした。最近は毎年のように会計制度が改革され、それとともに教科書も改訂されるので、あっという間に古くなってしまいます(笑)

個人的に、何事も最初は基本をしっかり理解することが大切だと思うので、著者の私見を極力排除し、実務・通説を丁寧に解説した本書は優れた教科書だと思います。


>よく読む本はカバーを外すクセがあります

私は、読みかけの本のカバーを外すクセがあります。
通勤途中に読むことが多いので、鞄の中でカバーが敗れたりしてしまうんですよね。
[ 2008/10/26 11:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/194-e87fb8f9








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。