スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伊藤邦雄著「現代会計入門」

数年前、個別株投資を始めてしばらくした頃に、公認会計士の方から会計学の初学者向けの教科書として御紹介いただいた本です。その厚さなどのため、しばらく「積ん読」状態になっていましたが、先日ようやく読み終えました(教科書も読まずに個別株投資をしていたのか、というツッコミは受け付けません(笑)。

本書は、文章が非常に分かりやすく、また、会計制度の歴史や海外の動向、最近の会計トピック等も盛り込まれているため、読んでいて退屈しません。

ただ、個人的には、本書の構成にやや問題ありと感じています。
本書は、各章がさらに
・ACCOUNTING TODAY(現在の会計制度)
・THEORY AND HISTORY(会計制度の歴史的変遷)
・FIELD STUDY(最近の会計トピック)
のパートに細分化されていて、現在の会計制度の概要を把握したい読者はACCOUNTING TODAYだけを読めばよいということになっています。
これは全体で700ページを超える本書を効率的に読み進めるための著者の工夫だと思うのですが、実際には、章によってはACCOUNTING TODAYのところで延々と歴史的変遷が続いたり、詳しい説明がTHEORY AND HISTORYに回されたりしているので、著者の指示どおりACCOUNTING TODAYだけを読んでいても理解がいまひとつだったりします(実は、本書が「積ん読」になった一因はこの辺にあります。)。

とはいえ、会計学の現状をできるだけ分かりやすく読者に伝えようという著者の思いは伝わってきますし、会計制度の歴史や理論についても掘り下げて紹介されていますので、労を惜しまずに本書を通読すれば、得るものは大きいのではないかと思います。

現在は既に新版が出ているので(会計学の教科書は会計制度の変更に合せて頻繁に新版が出るので、購入したらすぐに読まないと結局無駄になってしまいます・・)、こちらの方も読もうかどうか思案中です。
また、同じ著者による企業価値評価の本も出版されているので、本書をもう一度読み返した後、こちらの方にもチャレンジしてみたいと思います。

ゼミナール現代会計入門 第7版ゼミナール現代会計入門 第7版
伊藤 邦雄

日本経済新聞出版社 2008-04
売り上げランキング : 9592
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ゼミナール企業価値評価ゼミナール企業価値評価
伊藤 邦雄

日本経済新聞出版社 2007-03
売り上げランキング : 31814
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[ 2008/10/18 12:46 ] 読書感想文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/193-7562cb96








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。