スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

必要な道路・無駄な道路

先日、出張で木更津まで行きました。
朝は都内から京葉線、内房線を乗り継いで電車で1時間半(さらに久留里線にも乗りました。)。夜は木更津からアクアラインを渡って高速バスで1時間でした。アクアラインを渡ったのは、数年前に高速バスで東京駅から南房総まで行ったとき以来でしたが、非常に便利ですし、海ほたるからの景色もなかなかのものです(東京=南房総の高速バスでは、海ほたるで小休憩がありました。)。
アクアラインは通行料が高く、利用者数が伸び悩んでいると批判されていますが、房総半島南部へのアクセスが昔と比べて向上したのは間違いありません。

ところで、今年の春は、いわゆる道路特定財源の話がニュースを賑わせていました。この問題は、要は、地方の道路整備にどこまで国の税金を使うかということですが、「不必要な道路整備に無駄な税金を使っている」とか、「必要な道路は国の責任で作るべき」といった議論には、個人的にはちょっと違和感を感じます。

というのは、個人的には、不必要な道路なんて存在しないんじゃないかと思うからです。
交通量の多寡にかかわらず、その道路がなくなったら困る人、つまりその道路を必要としている人はいるはずです。ですから、道路整備に税金を使うべきかどうかを考える上で、「必要かどうか」というのは考慮要素にはなり得ないと思うのです。

よく「国の責任」といいますが、「国」は「国民」と同義です。「国の責任で道路を作れ」という主張はつまり、「他の人達が払った税金で我々の使う道路を作れ」と言っているのと同じなんですよね。果たしてこういったことがどの程度理解されているのかどうか。

個人的には、課税は経済成長にとってマイナスですから、道路整備のような公共投資は、投資金額以上の経済効果が期待できるかどうかという観点から検討してほしいと思います。
[ 2008/05/31 23:59 ] 時事ネタ | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/167-11e17755


増税や借金してまで必要な道路って何だ?

 全国の知事会議が、消費税を上げてでも「道路財源について現水準を維持する事を求める」採択を行った。  今、国は800兆円を越える財政赤字を抱えている。しかも、ここ10年以上、毎年数十兆円(ひどいときはその数倍)規模の国債を発行し借金を雪だるまのように膨らませな
[2008/07/31 12:01] URL まぁまの日記(啓発録)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。