スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジム・ロジャーズ著「冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界大発見」

冒険投資家 ジム・ロジャーズの世界大発見冒険投資家 ジム・ロジャーズの世界大発見
ジム・ロジャーズ 林 康史 望月 衛

日本経済新聞社 2003-11-12
売り上げランキング : 81081
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


偉大な投資家であるジム・ロジャーズが執筆した旅行記。当ブログでも過去に紹介した「大投資家ジム・ロジャーズ 世界を行く」の続編に当たります。
前著では、ジムはバイクで10万kmを走破して世界一周を達成しましたが、本著では改造メルセデスで15万kmを走破して再び世界一周を達成しています(どちらもギネスブック記録)。

基本的な造りは前著と一緒。旅行中の出来事やそれぞれの国の現状や歴史、将来の見通し等が雑然と綴られています。前著と違うところといえば、冒険旅行の旅程、バイクが改造メルセデスに変わったこと、それに連れて行った美女が変わったことでしょうか(ちなみにジムは旅の途中、2000年1月1日に英国で結婚式を挙げています。)。

旅行譚としての魅力は健在です。個人的には、前著と比べるとドラマチックな事件は少ないような気がしますが、それぞれの国の特徴がよく伝わってきます。
個人的に興味深かったのはインドです。私も以前、インドを旅行したことがありますが、本書でジムが指摘しているように、各地域がばらばらで民族対立も激しく、道路や電気といったインフラも脆弱です。
インドはいま、成長著しい新興国と考えられていますが、この国が本当にこのままの勢いで成長を続けられるのか個人的にちょっと疑問を持っていまして(もちろん途上国なので成長の余地は大きいのですが)、財務諸表を読まずに企業に投資するのが危険なように、その国の実態を知らずに外国に投資するのも危険かなと思いました。
北欧諸国や韓国についての指摘も興味深かったです。

日本についての指摘も鋭いなと思いましたが、寿司(シャリ)があるのにライス(白米)は出せないと主張する店員を日本の硬直性の一例として取り上げるのはちょっとどうかなと思いました。お店によっては、寿司めしはあるけど白米はない、という事態は十分に考えられるので。
まあ、もしかしたら外国人の方にとっては、酢と砂糖で味付けがしてあるだけで、寿司めしも白米も同じなのかもしれませんけど・・

全体として、それぞれの国の歴史や政治経済に関するジムの洞察を通じて、ジムの投資に対する姿勢や考え方を知ることができますので、実際に彼と同じようなスタイルで投資をするかどうかにかかわらず、積極的に投資をしようという方にはお薦めです。

また、先日紹介した「黄金の扉を開ける賢者の海外投資術」の橘玲氏もジムの著作には影響を受けていると思うので、別に投資や投資家としてのジムにそれほど興味がない方でも、同書を読まれた方は一読してみるのもいいかもしれません。
そのときは、本書では前著のエピソードがときどき紹介されますし、それぞれの国に対するジムの評価を前著と本著で比較しても面白いですので、まず前著を読んでから、本著に取り掛かることをお薦めします(そして、もし前著が面白くなかったとしたら、本著は読む必要がないと思います)。


余談ですが、前著の原題が「investment biker」であったのに対し、本著の現代は「adventure capitalist」となっています。ウォーレン・バフェットの生涯を描いた「ビジネスは人なり 投資は価値なり」の原題は「the making of an American capitalist」なんですが、バフェットやジムのような投資家は「investor」ではなく「capitalist」と呼ぶのでしょうか。
詳しい方がいたら教えてください。
[ 2008/04/30 22:33 ] 読書感想文 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/159-235d2c82








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。