スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人生が僕をつついている?

過去に記事も書いていますが、ロバート・キヨサキの「金持ち父さん」シリーズは、私にとって、人生を変えた1冊です。
「金持ちはお金のために働かない」「お金を働かせる」といったロバートの言葉は、私の心に深く刻まれています。

同じように、私の心に刻まれているロバートの言葉の一つに、「人生が君をつつく」というものがあります。
私はこの言葉を、人間が直面する困難や失敗は、その人にとって成長や学習のチャンスである、というふうに理解しています。

さて、どうして急にこんな話をするかと言うと、まさに自分がいま、「人生につつかれている」のではないかと思うからです。

私は現在、自分が採用された官庁から別の官庁に2年間の期限付きで出向しています。そして、何の興味もない仕事のために早朝から深夜まで(しかも週末も)働いています。
率直に言って、「お金のために働いて」いる自分にかなりの違和感とストレスを感じています。

そんなワケで、私は最近、まさにいま、「人生が僕をつついている」のであり、公務員を辞めて独立・起業すべき時機ではないかと考えたりしています。

他方で、自分は単につらい仕事から逃げ出したいだけで、そんな気持ちで独立・起業しても失敗するだけだという思いもあり、最後の一歩を踏み出せずにいます。
難しいですね(^^ゞ

ちなみに、実際に退職を検討し始めてから、早朝から深夜までこき使われ、週末もろくに休みをもらえないような仕事でも、独立・起業するリスクを冒すよりはマシではないかと考える自分がいることにかなりショックを受けました。
普段は株式投資家を気取りながら、私は結局、自由よりも安全を求める貧乏父さんの一人に過ぎなかったのかも…

葛藤の日々はしばらく続きそうです。
[ 2007/09/24 23:53 ] 投資全般 | TB(0) | CM(6)

私自身は、31歳で独立しましたが、結果論として言えば、独立してよかったです。

主な理由は、生活の自由度が上がったことと、投資に回せる金額が増えたことです。より一般的に言えば、自分の人生を自分でコントロールし易くなったことがメリットといえるでしょうか。

いずれにしろ、「何の興味もない仕事のために早朝から深夜まで(しかも週末も)働く」のは、耐え難いですからね。

他方で、独立にはリスクも伴いますし、楽なものではありません。これは当然のことです。ただ、○○では他人に負けないという得意分野があって、それが自分の好きなことであれば、独立してもやっていけると思います。リスクはいくらでもコントロールできますから。









[ 2007/09/28 10:51 ] [ 編集 ]

自分自身が独立しているわけではないので、偉そうなことはいえないのですけど、
「現在の仕事環境がつらい」というのは、独立するきっかけの一つにはなるのかもしれませんが、それが主要因だとやはりうまくいかないと思うのです。

どんな環境にいたとしても独立するという強い意志があって、たまたま現在の境遇の不満が背中を押したというのであれば良いのかなと思っています。まあ、うまくいかないところにずっと留まっているのは良くないとは思いますけど。
2年間の時間が人生において全くの無駄で、その後のことも好転しないと思えるのなら、即行で辞めるでしょうけどね。

なんか後輩の転職相談みたいになってしまいました。(^^;
[ 2007/09/28 12:17 ] [ 編集 ]

>コメントありがとうございます。

>PALCOMさん
>Gabbianoさん

こんばんは。今日も休日出勤でした(>_<)。
かなり内省的な記事で、読み返してみると、我ながらちょっと(?)恥ずかしいです。しかも、携帯電話からの投稿だったためか、文章が途中で切れていました(先ほど修正しました)。。
こんな記事に暖かいコメントをいただき、本当にありがとうございます。

冷静に自分を分析してみると、現状で独立・起業するのは勝算が低いような気がします。残念ながら、私の得意分野(専門分野)は、独立・起業には向かない特殊なものですので。
他方で、今回の件をきっかけに、私にとって、「経済的自由」を手に入れることがより切実かつ現実的な問題となったことは確かです。そして、現在の得意分野が独立・起業に向かないなら、独立・起業に向く新たな得意分野を持てばいいだけですので、そのためにはどういう選択が最良かという観点から、もう少し知恵熱を出してみたいと思います(笑)。

ところで、最近、ロバート・キヨサキの「金持ち父さん」シリーズを読み返していて、「独立」と「起業」は似て非なるものではないかと感じました。このことについて、そのうち記事を書きたいと思います。
[ 2007/09/30 01:45 ] [ 編集 ]

未来があるか否か

こんにちは、カン・チュンドと申します。
わたしも独立したくちですが、なぜ会社員を辞めたかというと、
わたしの場合、未来が見えなかったからです。
一度きりの人生ですから「未来があるよな・・」と期待しながら
仕事に取り組めた方がよいと思うのです。
(結果として成功するかどうかは別として・・)

安定度でいえば、会社員の方がよかったーと今でも思います(笑)
しかし結局、自分がどんなタイプの人生を望んでいるかによって、
正解は変わってくるのだと思います。
[ 2007/12/08 18:08 ] [ 編集 ]

税金以上働き

貴方の仕事に費やされた税金額以上の付加価値を付けた仕事をされていますか?お金のために働く以上に、国民のために働く気概がなければ、早く、独立起業してください。また、貴方の周りの人たちはどうですか?社会保険庁のようになっていませんか?
[ 2008/01/02 13:19 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

>カン・チュンドさん
ブログを拝見しましたが、私も投資関連の分野で独立するのも悪くないかな~と思うときがあります。投資関連の分野なら、他人に負けないくらい勉強する自信がありますから。
足りないのはやっぱり度胸ですかねぇ・・

>島さん
>>貴方の仕事に費やされた税金額以上の付加価値を付けた仕事をされていますか?お金のために働く以上に、国民のために働く気概がなければ、早く、独立起業してください。

厳しい御指摘、ありがとうございます。
「国民のために働く気概」かぁ・・
[ 2008/01/03 23:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/143-20a89f82








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。