スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

米国におけるファイナンシャル・リテラシー教育

先日のVOA Special Englishに、米国のファイナンシャル・リテラシー教育を取り上げた記事がありました。

記事によると、米国では、近年、若者のためのファイナンシャル教育の充実を求める声が高まっていて、実際に色々な取組が行われているようです。米国では、ファイナンシャル・リテラシー教育をカリキュラムに取り入れる高校が増えているほか、政府・団体等がファイナンシャル・リテラシー教育のための取組をしているそうです。

また、学校側は、両親もファイナンシャル・リテラシー教育でより大きな役割を果たすべきと言っていて、最近の研究によると、大学生の約70%は、主に両親からファイナンシャル・リテラシー教育を受けているそうです。

さらに、記事では、米国の投資関連企業も、ファイナンシャル・リテラシー教育に関するウェブサイトを開設しているとされていました。例として、証券会社のチャールズ・シュワブが開設した、両親が子供にお金と投資について教える手助けをするウェブサイトが紹介されていたので、実際にそのサイトを見てみたところ、株式投資や投資信託といったいわゆる狭い意味での「投資」に限定されることなく(もちろん、こちらが中心にはなっていますが)、予算、貯蓄、クレジットカード、ローン、慈善行為、税金などについて幅広く言及されていて、全体としてはとても良心的な印象を受けました。

個人的には、チャールズ・シュワブのウェブサイトで、慈善行為について触れられていたのがとても印象的でした。宗教的な違いもあるのでしょうが、「社会から受けた利益を社会に還元する」という姿勢は、日本人がもう少し見習ってもいいのかなと思います。

ところで、VOAのこの記事では、ファイナンシャル・リテラシー教育の目標は、「予算、貯蓄、投資及びお金の使用について教えること」とされています。ファイナンシャル・リテラシーというと、どうしても投資にスポットが当たりがちですが、やっぱり基本は予算と貯蓄だと思います。
(1)収支を管理して収入の範囲内で生活し、
(2)毎月の収入の一定割合を貯蓄し、
(3)貯蓄した現金を投資して資産形成する、
という順序ですからね。

日本でも、「投資」に限定されない、広い意味でのファイナンシャル・リテラシー教育に関する取組がもっと活発になったらいいなと思います。

[ 2007/07/21 15:55 ] 投資全般 | TB(0) | CM(2)

アメリカの伝統

寄付に対する考え方は、宗教以上にアメリカの歴史的な経緯の影響が大きいです。

独立当時連邦政府の規模は非常に小さく、それなのに目の前には広大な未開の土地が広がっていました。
そんな状態では政府によるインフラ整備などは期待できないので自分たちでやります。
「自助努力」はアメリカの建国精神の重要な要素で、多少の余裕があれば税金を払って使い道を政府に任せるよりは、「これだけ寄付するからこれを作ってくれ」と使い道を指示できる方を選ぶんですよ。

ちなみに「免税団体」へ寄付をした分はだいたい全額控除され、その免税団体は日本でイメージされる慈善団体よりもずっと幅広いです。
教会関連の慈善団体もあればMozilla Foundationのようなオープンソフト開発団体、政治圧力団体的な面もある全米ライフル協会も免税団体です。
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/refer/200409_644/064402.pdf
ひねくれた見方をすれば、アメリカ人にとっての寄付行為は「自分が望む社会を実現するための手段」でもあるわけです。
[ 2007/07/22 05:17 ] [ 編集 ]

>アルビレオさん

なるほど、勉強になりました。
昨年、バフェットがゲイツ財団への寄付を発表した際、税金を払って国の役人に使い道を委ねるより、ゲイツ財団の方が自分のお金を有効に活用してくれるという趣旨の話をしていたように記憶しています。
その発言を聞いてバフェットらしいなと思ったものですが、アルビレオさんの話を踏まえると、アメリカ人にはもともとそういう気質があるということになるんでしょうか。

ちなみに、私は、寄付行為が「自分が望む世界を実現する手段」という見方がひねくれたものだとは思いませんよ。人間はみんな、広い意味では利己的に行動すると思っているので。
[ 2007/07/27 13:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/139-cc1b6f39








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。