スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

確定拠出年金についてのシンプルなアドバイス

久しぶりの更新です。
気付いたら累計アクセスが10万件を超えました!
誰か祝ってください(笑)

さて、先日、今年の春に就職した弟から、確定拠出年金をどうしたらよいかと相談されました。弟は、投資についての知識がなく、特に勉強するつもりもないそうなので、
○当面は日本株式のパッシブ投信に1万円、外国株式のパッシブ投信に3.6万円
とアドバイスしておきました(弟の会社では、最大拠出額が月額4.6万円)。

元本確保型商品はもちろん、債券投資信託も投資比率は0。弟が持っていたパンフレットには、株式だけで構成するポートフォリオは載っていませんでしたが、一般的な分類に従えば超積極的なポートフォリオかなと思います。

もちろん、このようなポートフォリオを薦めたのは、きちんとした理由があります。

確定拠出年金は、原則として60歳まで解約できませんから、今年就職した弟の場合、35年を超える長期運用となります。
このような長期の資産運用で真っ先に考慮すべきは「インフレに負けないこと」ですから、インフレに負けることがほぼ運命づけられている元本確保型商品は、ポートフォリオに組み入れるべきではありません。

また、一般的には、株式の価格と債券の価格はおおむねトレードオフの関係にあるので、ポートフォリオには両方を組み入れる必要があると思います。しかし、確定拠出年金は、原則として中途解約できませんので、少なくとも運用の初期の段階では、ポートフォリオの安定性よりも長期的なリターンの高さが優先されるべきと思います。これが、債券投資信託をポートフォリオから外した理由です。

ところで、弟が言うには、会社のセミナーで、過大な負担とならないよう、毎月の給与に見合った拠出額とするようにという趣旨の説明を受けたそうです。私としては、確定拠出年金の拠出はすべて会社負担なので、できるだけたくさん拠出した方がお得ではないかと思っているのですが、そうすることのデメリットが何かあるのでしょうか?
どなたか御存知の方がいたら教えてください・・

ちなみに、私の職場は確定給付年金なので、確定拠出年金の資料を見たのはこれが初めて。私の目から見ると、投資対象がやや限定されるものの、税制上の優遇はあるし、パッシブ運用の投資信託は市販のものと比較して信託報酬が格安だし、羨ましい限りです。


〔参考〕
・rennyの備忘録「確定拠出年金の『罠』」
運用アドバイスについては触れられていませんが、年金資産に課税される「特別法人税」の存在が紹介されています。

[ 2007/06/07 22:58 ] 投資全般 | TB(0) | CM(5)

祝!

10万アクセス突破、おめでとうございます!
こんなにしっかりした投資アドバイスが無償で受けられるなんて、弟さんは幸せ者ですね!(^^)
[ 2007/06/09 07:39 ] [ 編集 ]

今後、超長期投資の重要性が増すにつれて、このようなアドバイスを求められることが増えてくるでしょう。30年を超す運用で、しかも期間中は換金できないのですから、株式100%のポートフォリオで問題ないと思います。私自身もそのようにしています。
[ 2007/06/10 00:03 ] [ 編集 ]

空色さん、こんにちは。

10万アクセスおめでとうございます。
確定拠出年金は僕もフリーになったら始めたいもののひとつです(笑)。
そのときは68000円上限を空色さんのアドバイス同様全額株式のポートフォリオで始めると思います。非課税なのでボラの大きい商品の方が得かもしれません。
 
[ 2007/06/12 10:50 ] [ 編集 ]

初めまして

初めまして。dqndoc1019と申します。
いつも楽しく読んでおります。

>私としては、確定拠出年金の拠出はすべて会社負担なので
>できるだけたくさん拠出した方がお得ではないかと思って
>いるのですが、そうすることのデメリットが何かあるのでしょうか?

税金の控除も受けられるし、デメリットはないと思います。

ちなみに、私の確定拠出型年金のポートフォリオは
MSCIコクサイ指数に連動した海外株式ファンドの一点買いです。

理由としては.....

現在、家計からの余剰資金の半分以上が日本株の個別銘柄の購入資金に
なっており、残りで気まぐれに外貨建て債券を買っているということが一点。

もう一点は、厚生年金の掛け金の殆どが国内債券で運用されていること。
http://www.mhlw.go.jp/topics/nenkin/zaisei/tsumitate/hoho/index.html
以上から、確定拠出型年金の掛け金は海外株式に振り分けるのが
適当と考えました。

>会社のセミナーで、過大な負担とならないよう、毎月の給与に
>見合った拠出額とするようにという趣旨の説明を受けたそうです

実際、日本の確定拠出型年金の掛け金の多くが定期預金で運用されていると
聞いたことがあります。
何とも勿体無い話です.......

今後ともよろしくお願いします。
[ 2007/06/12 18:44 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

>水瀬ケンイチさん
お祝い&お褒めの言葉、ありがとうございます。
資産運用は、なるべく若いときから始める方が有利ですからね。
弟がいつか、この助言のありがたみを実感してくれる日が来たらいいなあ・・

>PALCOMさん・嶋田忠信さん
よかった、同意してくださる方がいて。やっぱりDCで長期運用なら全額株式ですよね?
実は、ボラティリティが大きくて危険すぎるってコメントが来たらなんて答えようかなって、ちょっとだけ不安だったんです(^^;)

>dqndoc1019さん
はじめまして。
DCだけでなく、自分の資産全体を考慮した上でポートフォリオを考えるというのは重要ですよね。
今後ともよろしくお願いします。
[ 2007/06/12 23:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/129-c664c233








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。