スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

家族名義の証券口座

最近は送別会続きで、ちょっと疲れ気味です・・・・
相互リンクさせていただいている投資ブログの中には同年代の人も多いようで、何度か「子供の養育費をどうするか」という趣旨の記事を見掛けたことがあります。小さい子供がいたり、これから子供ができるという人にとっては気になるテーマですよね。

うちの職場では、子供が生まれた人は生命保険や子供保険、学資保険を購入することが多いみたいですが、私は保険(特に生命保険)がキライなので、こうした保険を購入するつもりはありません。

当初は、子供名義の証券口座を開設し、インデックス投信の定期積立で国際分散投資をする予定でしたが、紆余曲折を経て、次のようにすることにしました。

自分名義の口座・・・普通株投資
妻名義の口座・・・国内・海外ETF
子供名義の口座・・・国内ETF

当初は、妻名義と子供名義をそれぞれ独立した「ファンド」として運用するつもりでしたが、楽天証券で海外ETFの取扱が始まってから自分の中では「インデックス投信の定期積立」という選択肢がなくなってしまい、また、楽天証券では子供名義の口座が開設できなかったので、当面、妻名義と子供名義をまとめて1つの「ファンド」として運用することにしました。

わざわざ自分名義と妻・子供名義の口座を区別しているのは、私は生命保険を購入していないので、自分が死んでしまったときの保険金代わり(私名義では相続税がかねない)という理由はもちろん、妻や子供に口座を管理させることで投資の重要性を直接体験してもらいたいというのも大きな理由です。

投資資金の配分比率や追加投資の額・方法については、基本的には、自分名義と妻名義の口座で適当に振り分ける予定。
子供名義の口座は、調べところでは学資保険の相場が(親の職業や年収によってかなり差があるとは思いますが)200万円くらいのようなので、最初に100万円ほど投資したあとは放置して複利効果に期待することにし、子供宛てにもらったお祝いやお年玉等のほかは追加投資をしない予定です。

妻名義の口座は実際に妻が管理していますが、子供名義の口座も、子供が10歳前後になったら本人に管理させるつもり(入出金はさせませんが)。お金は無駄遣いしたら減り、きちんと運用すれば増えるんだということを自分のお金で実感することが、最も効果的な投資教育かなと思うので。
[ 2007/03/30 02:06 ] 投資全般 | TB(2) | CM(6)

空色さん、こんにちは。
私のブログにコメント&トラックバックありがとうございました。

私も、子供用資金は学資保険に楽勝で勝てる出口を目指すために始めました。
ですので、基本的にはあまり動かずにほったらかしできる方法をとっているのですが、種々の要因によってたまに動かすかもしれません。

生命保険はいちおう入っています。今突然に死んだらさすがに子供がかわいそうかと思ったので。
職場の団体保険なので、掛金が安く、一般に売られているものよりかなり条件がいいです。
個人的には、損害保険的な性格のものはリスクヘッジとして使うようにしています。
[ 2007/03/30 12:58 ] [ 編集 ]

やさしいお父さんですね(^^)
うちは共働きで子どももいないので、生命保険にはほとんど入ってません。
お互いこれでいいのかね~?なんて話してます。
[ 2007/03/30 21:25 ] [ 編集 ]

私も生命保険はあくまで『保険』ですから無駄な気はしています。間違っても養老保険に入る気はありません(笑。
終身は入っていますけど・・(^^;。

私も子供にはお金の管理をさせたいと思っています。ただし、投資教育は無理にはしないつもりです。ただ貯金は大事というのを教えたいです。

こちらからもトラバさせていただきましたm(_ _)m。
[ 2007/03/31 00:26 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

>Gabbianoさん
家族名義の口座は、税金の計算とか面倒そうなので、余程のことがない限り売却はせず、PFの変更は追加投資分の調整で行う予定です。
私の生命保険ギライは、「死んだ方が儲かる」という仕組みが気に入らないという感情的な側面が強いです。本当は冷静にいろいろ検討しないといけないんでしょうけど・・
ちなみに、妻と子供の口座がインデックス投資なのは、もし私が死んでも基本的に放ったらかしで大丈夫のようにという思いからでもありです。バフェット式の集中投資PFだけ残されても困るだろうと思って(笑)

>水瀬さん
子供が生まれる前はいろいろ不安がありましたが、実際に生まれてみたら発見の連続で毎日楽しく過ごしています。ジム・ロジャースは「子供が最大の冒険」と言っていますが、本当にそうだな~としみじみ実感しています。
でも、人生の楽しみ方は人それぞれ。水瀬さんはいまの生活を満喫されているようなので(トマムの犬ぞりも楽しそうでした!)、それでいいんじゃないでしょうか(笑)

>bowlerさん
私は子供が10歳前後になったら「金持ち父さん」を読ませたいと思っています。お金の教育は、もっと早くから始める予定。これについては機会があればいつか書きます。

・・ところで、TBは届いていないようです。システム上の問題かな?
[ 2007/03/31 09:57 ] [ 編集 ]

家族口座はメリット大

子供がいないのですが、妻には口座を開設させて資金を贈与してそのお金で運用しております。いろいろなメリットがありますのでぜひ、みなさんも検討してください。
TBさせていただきました。

空色さま、「子供が10歳前後になったら「金持ち父さん・・」すばらしいですね。ぜひ実践してくださいね。
[ 2007/03/31 18:21 ] [ 編集 ]

>為成さん

コメントありがとうございます。
TB記事へのコメントは貴ブログに付けさせていただきます。

「金持ち父さん・貧乏父さん」と「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」はぜひ読ませたいです。気に入ってくれるといいんですが(弟に読ませたら不評だったので・・)
[ 2007/04/02 23:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://startfroma.blog57.fc2.com/tb.php/109-e95ea8bf


証券口座を分けているメリット

ある程度の金額を運用している方であれば、複数の証券会社を持っている人も多いでしょうが、私の場合、リスク回避・節税のために口座を妻と分離していります。1.証券会社破綻リスク(投資者保護基金)証券会社が破綻した
[2007/03/31 18:12] URL 自由な時間と経済的自立のために

子供貯金の活用

私は子供貯金を自らの運用の肥やしにしています。子供貯金の貯め方で悩んでいる方が多いと思いますが、単純に貯金するだけではない一つの選択肢ではないでしょうか。学資保険等で貯める手もありますが、我が家では
[2007/03/31 10:12] URL トレンドラインに身を任せて






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。