スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バリュー投資とインデックス投資

相互リンク先の2人の記事が面白かったので参戦(?)します。
○株式十八番!「バリュー投資とインデックス運用の違い」
○PALCOMの海外投資塾「インデックス投資 vs バリュー投資」

話を始める前に、公正を期すため、最初に自分の立ち位置を表明します。
○個別株投資とインデックス投資は併用(個別株投資は国内だけ、インデックスは国内・国外両方)。
○市場は非効率的だと信じている(市場は時々間違えるが、それは自分が正しいことを意味しない)

さて、話を進めます。
個人的には、このテーマはいつも議論が噛み合いません。それはどうしてかといえば、「インデックス投資家」と「バリュー投資家」では投資に対する基本的な認識が違うからです。

現代金融理論の大前提として、「リスクはボラティリティである」という概念がります。「インデックス投資家」の方は当然、この前提(及びこの前提を踏まえて構築されたさまざまな議論)を当然のこととして話を進めることになります。
ところが、「バリュー投資家」の考える「リスク」とは、投下資本が元本を毀損することです。ボラティリティをリスクと捉えるなんてナンセンス、と考えているのですから、そのナンセンスな概念を前提として成り立っている理論なんてとてもじゃないが信用できない、というのが「バリュー投資家」の立場です。

また、PALCOMさんは、海外投資にはインデックス投資の方が適していると指摘されていますが、これも「海外分散投資が必要」という前提があって成り立つ議論です。
個人的には、「バリュー投資」はリターンの極大化を目指す投資戦略で、「インデックス投資」は資産の保全(実質購買力の確保)を目指す投資戦略だと考えています。前者は一攫千金を夢見る庶民のための戦略、後者は子孫の安泰を願う資産家のための戦略、と言っていいかもしれません。
つまり、「バリュー投資」で重要なのは十分なリターンの見込める投資機会です。米国の方が儲かると思えば米国に投資するのでしょうが、「海外分散投資」は絶対条件ではありません。

つまり、私が言いたいのは、前提条件を整理しないとそもそも議論が成立しない、ということです。
「バリュー投資」と「インデックス投資」のどちらが優れているのか、それぞれの立場から思い入れのある方が自分の思いを主張されるのは自由ですが、自分の主張が論理的に正しいとまで主張されるのであれば、議論の前提条件からきちんと整理する必要があると思います。

ちなみに、個人的には、どちらが優れているのかはあんまり興味がありません。
私はバフェット氏を尊敬して個別株投資を実践していますが、金融資産のかなりの割合はETFで運用されていたりします。どっちつかずと言われようと気になりません。私にとって投資はあくまで手段であって、目的ではありませんから(といいつつ、「バリュー投資」能力の向上は目的だったりします)。

大切なのは「バリュー投資」と「インデックス投資」のどちらが優れているかより、それぞれの投資家が現在の相場環境でも将来を見据えて行動できるかどうか、だと思います。
それに、いまこの時期に株式市場に身を置いているという点で既に世間一般からは十分に「浮いて」いるわけですから、浮いている同士で些細な相違を議論したって仕方ありません(笑)
スポンサーサイト
[ 2008/09/28 01:21 ] 投資全般 投資哲学 | TB(0) | CM(7)

CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)

先日、救済されたAIGと救済されなかったリーマン・ブラザーズの違いが分からないという記事を書きましたが、その答えはCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)のようです。

CDSとは、買手がプレミアムを支払うことにより手持ち債権の貸倒れリスクをヘッジすることができる、債権デリバティブの一種。非常に使い勝手のよい一方、各社がお互いにリスクをヘッジしあっているので、1社が破綻するとその影響がどこに波及するか分からないという危険性があるようです。
なんてさらっと書いていますが、実は昨晩の「クローズアップ現代」(NHK)を見るまで名前すら聞いたことがありませんでした(笑)

CDSは、サブプライムローンに関してもリスクヘッジに積極的に活用されていて、現在の想定元本はなんと6000兆円超!
ちなみに日本の政府予算は約80兆円、米国の政府予算は約300兆円ですから、その金額の巨大さが分かります(ちなみに国債発行残高は2008年6月現在で685兆円。)。

AIGはこのCDSに積極的に投資していて、もし同社が破綻すればその影響は世界の金融システム全体に及ぶ可能性があったということです。そんなにアブナイものなら、(米国人の)税金による救済という特別扱いも仕方ないのかもしれません・・

ところで、著名投資家のジョージ・ソロスは、以前からCDSについて警鐘を鳴らしていたようで、昨日のクローズアップ現代でもソロスのコメントが紹介されていました。これに関連する著書もあるようなので、一度読んでみたいと思います。

また、私の敬愛するウォーレン・バフェットは、CDSはよく分からないので投資しないと言っていたのに、バークシャーの第一四半期決算にはCDSについて多額の評価損が計上されたというオチがついていたようです。
CDSについての投資をバフェットが知っていたのかどうかは知りませんが、彼は最高責任者ですから、こういう言行不一致はいかがなものかと思います。

いずれにせよ、現在知られていることがすべてかどうかも分からないので、米国金融市場の混乱はまだまだ続きそうです。やれやれ・・
[ 2008/09/23 21:53 ] 投資全般 | TB(0) | CM(2)

「バリュー投資家」の現状 その2

先日の記事「『バリュー投資家』の現状 その1」の続きです。

(2)「バリュー投資家」はどうして買い出動しないのか(株価がこんなに割安なのに)
相互リンク先のItoさんは、インデックス投資家の水瀬さんのこんな疑問をきっかけに、いろいろ思索を巡らせていらっしゃいます。

不思議なのですが、バリュー投資家さんはこういう時こそ、買い出動されないのでしょうか。
普段一生懸命研究されている、PERやPBRが割安な銘柄が市場にあふれているように思えるのですが…。


個人的には、「バリュー投資」では売買のタイミングを過度に重視する必要はないと考えています。
重要なのは「大幅な割安価格で買えたかどうか」であって「大底で買えたかどうか」ではありません。長もし既にディスカウント価格で投資ができているなら、その後の値下がりを気に病む必要はありません。また、もうしばらく様子を見て、結果として大底で買う機会を逃したからといって、そのときの買値がディスカウント価格であれば、やはり気に病む必要はありません。

私の敬愛するバフェットですら、バフェットがアメリカン・エキスプレスに投資してから同社の株価はさらに1年以上も値下がりを続けましたし、反対に、バフェットがコカ・コーラに投資したのは同社の株価が大底を売ってしばらくしてからです。
あの大御所ですらマーケットタイミングは気にしていないのですから、彼の足元にも及ばない(と思う)我々はマーケットタイミングを気にする前に、自分の主観的なバリュエーションの精度を高める方に専念する方が賢明かなと思います。

ですから、
「株価は数年来の安値なのに、なんでいま買わないんだ?」と聞かれた場合、
「先週もかなり安値だったから、もう買っちゃったよ」もアリだし、
「さらに大バーゲンになりそうだから、もう少し様子を見るよ」もアリ。
もちろん、
「株価の値下がりは企業価値の低下を反映した結果だから、バリュエーション的には全然割安じゃないよ」だってアリだと思います。

それはそれとして、株価がここまで下がってくるとワクワクしてきませんか?
私は2005年の上昇相場の直前に株式投資を始めましたが、当時は素人だったのでリターンはいまいちで、「投資を始めるのがもう2~3年早ければ」と悔やんだもの。
あれから3年が経ち、株価があの頃の水準に戻っているわけですから、こんなに幸せなことはありません。これから30~50年の投資人生を考えても、今回のような機会に恵まれる幸運は数えるほどしかないように思います。
[ 2008/09/22 20:29 ] 投資全般 投資哲学 | TB(2) | CM(10)

後期高齢者医療制度について考える

今週末、舛添厚労相・麻生幹事長が制度の抜本的見直しを表明した「後期高齢者医療制度」。
報道によると同制度は国民の評判が悪いらしいみたいですが、恥ずかしながら私は、同制度のことは導入されるまで名前すら知りませんでしたし、導入後も名前以外のことはさっぱり分かりませんでした。

麻生幹事長らの発言は総選挙を意識して人気取りを狙ったものだと思いますが、それはそれとして、導入後1年も経たずに抜本的見直しが検討される制度とはいったいどんなものなのか興味があったので、遅ればせながら勉強してみました。

後期高齢者医療制度の主な特徴は次のとおりです。
(1) 後期高齢者医療制度は、従来の老人保険制度が全面改正されたもの。
(2) 75歳以上の高齢者は、既存の保険制度から脱退し、後期高齢者医療制度に加入することとなる。
(→このため、既存の保険制度で家族の被扶養者となっていた高齢者は保険料負担が発生)
(3) 保険料は原則として年金から天引き。
(4) 保険料は公費負担5割、現役世代負担4割、高齢者負担1割。
(5) 保険者(運営主体)は都道府県毎に設置される「広域保険連合」。
→同一都道府県内であれば保険料負担は同一
(6) 担当医が病気の診察に加え入退院、在宅医療等にまで関与する「高齢者担当医制度」の創設。高齢者担当医の診療報酬は月毎の定額制。ただし高額医療費は別。
 →個別診療毎に診療報酬を支払う従量制も選択可能。
(7) 医療費と介護費を合算した年間負担額に上限。一定額を超えた分は払戻しが受けられる(→従来は医療費と介護費を合算できなかったので、よりオトクに)。

また、マスコミで報道されている同制度に対する不満や反発は、私のつたない理解では、以下の3点に集約されるような気がします。
(1) 特に高齢者を中心として、①75歳以上でひとくくりにされて強制的に後期高齢者医療制度に移行させられること及び②保険料が年金から天引きされること(高齢者によっては自己負担額が増えること)に対する反発
(2) 医療関係者を中心として、高齢者担当医制度により診療報酬が固定されてしまうことに対する反発
(3) 医療費のかさむ後期高齢者だけを被保険者とする保険制度は保険料が高額となり制度自体が成り立たないのではないかという疑問

まず、上記で列挙した3つの不満・反発については、
(1) は政府の説明不足等を原因とする感情的なしこりに過ぎず、
(2) は月毎の診療報酬の額をいくらにするかという技術的な問題に過ぎない、
(3) は被保険者が負担する保険料率がいくらになるかという問題であるが、後期高齢者医療制度の保険料の9割は公費及び現役世代で負担するのであるから、後期高齢者の負う負担は(受けられる給付内容と比べて)非常に軽い
と言えるように思います。

こうしてみると、現役世代の立場からみれば、公費負担・現役世代負担の割合を下げ、高齢者負担の割合を上げたっていいんじゃないかと思うくらいで、全体的にはよく練られた、高齢者にとても優しい制度のように思います。
果たして「抜本的見直し」をする必要があるのか、個人的には甚だ疑問です。

負担増を嫌う高齢者及び収入源を嫌う医療関係者の不満と、総選挙を前に票田である高齢者・医療関係者の意向を意識した与党幹部の思惑が一致した結果の「抜本的見直し」・・・・
そのように考えてしまうのは現役世代の穿った見方でしょうか。

[ 2008/09/21 14:04 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(0)

「バリュー投資家」の現状 その1

最近、個人投資家のブログで、いわゆる「バリュー投資家」に元気がない、市場に姿が見えないといった意見をよく見かけます。
私としては、いわゆる「バリュー投資家」としてひとくくりにされるのは心外であるものの、こうした意見については思うところがあるので記事を書いてみます。

(1)「バリュー投資家」の数が減ったのではないか。
株式十八番!のぐっちさんが、「バリュー投資家」かどうかは問題にしていない)の数が減っているということに関して記事を書かれています。
個人的には、1日当たりの約定数が減っているのはトレーダーが減っているせいという側面が強いのではないかと思いますが、ブログの更新頻度等から「バリュー投資家」の数が確実に減っているという点は同感です。

個人的には、「バリュー投資家」が減っている原因は、株式市場の低迷とあいまって、個人投資家の間で流行の投資手法がトレーディング→「バリュー投資」→インデックス投資と変遷しているだけではないかと思っています(いつの間にかインデックス投資を売り込むようになった「バリュー投資のカリスマ」もいらっしゃいますし。)

「バリュー投資」は、大勢の市場参加者の総意により形成されている市場価格が「間違っている」と考えて投資する、つまり大勢の市場参加者とは違う選択をする逆張り投資です。マイノリティであることは「バリュー投資家」の宿命みたいなものですから、私はあまり気にしていません(って、ぐっちさんも気にされていないようですが。)。

それに、個人投資家がみんな有価証券報告書を読みこなして投資するようになったら、同じ話題で盛り上がれる仲間は増えるかもしれませんが、株価が企業価値を正確に反映し、価値と価格の乖離で儲けることができなくなってしまいます。儲けの機会が増えて仲間が減るのと、仲間が増えて儲けの機会が減るののどちらがいいかと問われたら、私は迷わず前者です。

なので、確かに「バリュー投資家」の数は減ったのでしょうが、私としては大歓迎です。個人投資家がみんな「バリュー投資なんてクソの役にもたたねえ」と考えるようになったら最高ですね。

そうそう、せっかくですのでここで念をおしておきましょう。
株価は常に効率的ですから、「バリュー投資」なんていう妄想にとりつかれて企業分析に時間を浪費するより、資産運用は経済学的に正しい(とされる)インデックスファンド・ETFのバイ&ホールドにお任せして、余暇は趣味や家族との団欒などもっと大切なことに使いましょう。
投資で資産を増やそうなんて三流の人間の考えることですよ。



(ちなみに僕は三流ですが、何か?)
続きは次回。
[ 2008/09/20 09:44 ] 投資全般 投資哲学 | TB(1) | CM(7)

リーマンとAIGは何が違うんだろう?

あれ?

リーマンは公的資金を受けられなかったのに、AIGは受けられるんですね。
なんでだろう?
個人的に、基準がよく分からないというのがいちばん良くないと思うんだけど・・

近日中にバーナンキ議長の議会証言があるらしいので、そこでの発言に注目してみよう。
[ 2008/09/18 00:19 ] 投資全般 | TB(1) | CM(2)

英語で日記。

相互リンク先のまろさんにネタばらしされた上に先を越されてしまったので(笑)、遅ればせながら、私も英語ブログを始めることにしました。
もちろん、私の英語力なんてたかが知れているので、あくまで自分の勉強のため。いまのことろは中学生レベルの文章を1~2行書くのがせいぜいだけど、「千里の道も一歩から」ということで。
何の付加価値もありませんが、時間をもてあまして仕方がないという方は冷やかしに来てください。間違いを見つけたら「日本語」でやさしく指摘してください・・

[ 2008/09/17 22:40 ] 投資全般 | TB(0) | CM(1)

『ランダム』ってどういう意味?

私は典型的な文系人間なので数学は大の苦手。でも、いろんな投資本で「投資をするなら確率論を勉強しろ」と書いてあるので、仕方なく、基本の「き」から確率論の勉強をしているところ。
そういったわけで、これまでに何冊か(数学が苦手な人向けの)やさしい確率論の本を読んだことがあるんだけど、それ以来、ずっと疑問に感じていることがある。

インデックス投資家は「株価は短期的にはランダムだけど、長期的には成長する」と信じているし、「バリュー投資家」は「株価は短期的にはランダムだけど、長期的には企業価値に収束する」と信じている。

でも、それっておかしくない?

もし株価がランダム、つまり上がる確率と下がる確率が(ほぼ)等しいとしたら、長期的にもランダムでないといけないはず。
例えば、分かりやすい例で考えてみると(というか難しいことは分からない)、「このサイコロを振ってどの目がでるかは、短期的にはランダムだが、長期的には4の目(別に3でも5でもいいんだけど)の出る確率が高い」ということはありえないんじゃないかと思う。
だって、ある事象がランダムかどうかは、「同じ事象を無限大に繰り返した場合にどうなるか」で決まるんだから、もしそのサイコロを無限回振った場合に4の目が出る割合が高いとしたら、そのサイコロを1回振った場合に4の目が出る確率が高いという結論にならないとおかしい。

なので、短期的にランダムなものが長期的に有意な傾向を示す、ということはありえない(というか、長期的に有意な傾向を示すものを「ランダム」とはいわない)んじゃないかと思うんだけど・・

もっとも、私の数学レベルは高校卒業程度に満たないので、誰か詳しい方がいたら教えてください。
[ 2008/09/16 01:33 ] 投資全般 投資哲学 | TB(0) | CM(6)

フォトリーディング集中講座に行ってきました。

9月13日(土)及び14日(日)の2日間、東京・両国で開催されたフォトリーディング集中講座に行ってきました。
受講生は全部で70人余り。そのうち約7割が勝間和代さんの書籍等で興味を持ったのがきっかけということなので、あらためて勝間さん人気にびっくりです。ちなみに私のように書籍がきっかけという人は全体の2割に過ぎませんでした(笑)

講座は両日とも午前9時半から、13日は午後6時半過ぎまで、14日は午後7時過ぎまで続きました。おおむね1時間に1回の割合で5~10分の休憩が入りましたが、短時間に集中して本を読む回数が多く、非常に疲れました。
講座は、基本的には書籍の内容と大差ないものの、書籍には記載されていない情報がいくつか紹介されたほか、講師の方のガイドで実際に無意識や自己暗示の威力を実感できたり、フォトリーディングを体験できたりしたのが良かったです。

講座は、思っていたよりもスピリチュアルな色彩の濃い内容だった気がします。また、この類の講座では「とにかく信じろ」と言われることが多いです。自分の(潜在)意識の影響を重視するため「とにかく信じる」必要があるのは分かりますが、他方で、物事を論理的に判断する際には対象を批判的に検討する必要があるのも事実で、難しいところです。実際、講座でも、懐疑的な質問を投げる受講生も散見されましたが、それも仕方ないのかなと思います。

とりあえず、講座の中で、
「1か月以内に会計学の教科書を5冊読み、その5冊について『シントピック・リーディング』をする」
という目標を立てたので、できるだけフォトリーディングの数をこなしながら、その目標を達成できるよう頑張るつもりです。
この講座に2日間という時間と10万円という金額を投資したことが正しかったのかどうかは、・・・・いずれ時間が経てばおのずと分かるでしょう。
フォトリーディングした書籍については、その都度ブログに記事を書く予定なので、その更新頻度と記事のクオリティが一つの判断基準になるかもしれません。

ちなみに先日紹介したマインドマップ基礎講座は、受講料が約3万7000円でした。受講当日はちょっと高いかなと感じていましたが、受講後半月ほど毎日マインドマップの練習をした結果、それなりにマインドマップが描けるようになりました。現在では、マインドマップをスケジュール管理や仕事の企画にも活用しているので、あらためて考えてみると割のいい投資だったと感じています。
自分では、来月の今頃、フォトリーディングの講座についても同じような感想を抱けていることを信じて頑張ります。
[ 2008/09/14 23:45 ] MM & PR | TB(1) | CM(2)

井原久光「テキスト経営学」

僕はこれまで、競争戦略やマーケティングについての本は読んだことがあったけど、体系的な経営学の教科書を読んだのはこれが初めて。
僕は本書を読むまで、経営学とは、境界が曖昧な上に幅広いジャンルの書籍が出版されていて素人にはよく分からない学問だと考えていました。
ところが、本書では、経営学が誕生した経緯から現在の経営理論に至るまでの流れが時系列に説明されている上、個別の経営理論についてもひととおり記載されている(と思う)ので、経営学とはいったいどういう学問なのかがようやく分かった気がする。

経営学の教科書を読んだからといって投資の収益が劇的に向上することはないだろうけど、とてもよくまとまっていて読みやすい書籍なので、僕と同じように「経営学はいろいろありすぎてよく分からん!」と思っている人にはお薦め。

テキスト経営学 第3版―基礎から最新の理論まで (MINERVA TEXT LIBRARY 5)テキスト経営学 第3版―基礎から最新の理論まで (MINERVA TEXT LIBRARY 5)
井原 久光

ミネルヴァ書房 2008-05
売り上げランキング : 130807
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


[ 2008/09/11 02:06 ] 読書感想文 | TB(0) | CM(0)

オフ会

と呼ぶのかどうか分かりませんが、昨日、個人投資家ブロガーの方(2名)とランチを御一緒させていただきました。こういった形でお会いするのは初めてだったので最初は緊張しましたが、結局は5時間近くも投資談義に花を咲かせてしまいました(笑)
おふたりとも私より多少若かったものの、投資経験は私よりも長く、また、投資や会計に関する知識の豊富な方でしたので、いろいろと勉強になることが多く、とても有意義な時間を過ごすことができました。

また、個人的に、「インデックス投資」や「バリュー投資」等についていろいろと思うところがあるのですが、同じような感覚を持つ個人投資家が他にいることが分かったという意味でも有意義でした。投資は自己責任なので他人がどうかというのは本来関係ありませんが、やはり自分と同じような感覚を持った人と会えるというのは嬉しいものです。

先輩投資家の2人から刺激を受け、もっと投資の勉強を頑張ろうと思った週末でした。



[ 2008/09/07 21:41 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

トピックス

先日、妻と娘(2歳)の下にTOPIX ETFの分配金が届きました。
実は、私は生命保険をかけていないので、その代わりに家族名義の証券口座でETFを積み立てています。

自分名義の個別株投資は評価損が膨らんでいますが、家族名義のTOPIXは、株価がある程度下がってからまとめて投資したおかげもあって(株価はそれからも下がりましたが)、評価損もいまのところ微々たるもの。

現在のように相場が低調なときは、倒産リスクのないインデックスには非常に安心感がありますね。
個別銘柄と違い、銘柄の判断ミスを悔やむこともありませんし(笑)

ただ、株価がここまで下げてくると、個別株投資派の私としては、(自分の口座で)買い出動に出たくなります。

投資元本が増えたか減ったかも重要ですが、他の合理的な選択肢と比較して自分の選択がどうであったのかも投資の成否の判断ポイントですから、限られた資金を何に投資すべきか悩ましいところです。

ひとつだけ間違いないのは、今年の運用成績はいまのところ、2歳の娘に負けているということです(泣)
むむむ…
[ 2008/09/05 09:36 ] 投資全般 | TB(0) | CM(2)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。