スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

必要な道路・無駄な道路

先日、出張で木更津まで行きました。
朝は都内から京葉線、内房線を乗り継いで電車で1時間半(さらに久留里線にも乗りました。)。夜は木更津からアクアラインを渡って高速バスで1時間でした。アクアラインを渡ったのは、数年前に高速バスで東京駅から南房総まで行ったとき以来でしたが、非常に便利ですし、海ほたるからの景色もなかなかのものです(東京=南房総の高速バスでは、海ほたるで小休憩がありました。)。
アクアラインは通行料が高く、利用者数が伸び悩んでいると批判されていますが、房総半島南部へのアクセスが昔と比べて向上したのは間違いありません。

ところで、今年の春は、いわゆる道路特定財源の話がニュースを賑わせていました。この問題は、要は、地方の道路整備にどこまで国の税金を使うかということですが、「不必要な道路整備に無駄な税金を使っている」とか、「必要な道路は国の責任で作るべき」といった議論には、個人的にはちょっと違和感を感じます。

というのは、個人的には、不必要な道路なんて存在しないんじゃないかと思うからです。
交通量の多寡にかかわらず、その道路がなくなったら困る人、つまりその道路を必要としている人はいるはずです。ですから、道路整備に税金を使うべきかどうかを考える上で、「必要かどうか」というのは考慮要素にはなり得ないと思うのです。

よく「国の責任」といいますが、「国」は「国民」と同義です。「国の責任で道路を作れ」という主張はつまり、「他の人達が払った税金で我々の使う道路を作れ」と言っているのと同じなんですよね。果たしてこういったことがどの程度理解されているのかどうか。

個人的には、課税は経済成長にとってマイナスですから、道路整備のような公共投資は、投資金額以上の経済効果が期待できるかどうかという観点から検討してほしいと思います。
スポンサーサイト
[ 2008/05/31 23:59 ] 時事ネタ | TB(1) | CM(0)

ブログの有料化

先日ググっていたら、なんと最近では、自分のブログを有料にして購読料を徴収することが可能であることを知った。ひょっとして、みなさんはもう知っていました?

好きなブログを書いてカネを稼げるなら、そんなにおいしい話はないかも。安定した購読料を得られるようになれば、カネを減らすリスクをとって投資しなくても「経済的自由」を手に入れられるかも。

でも。と、ちょっと考えてみる。
自分が定期的にチェックしている投資ブログの中には秀逸なものが多いけど、そのうちのいくつかが有料になったら、それでも自分はそのブログを読むだろうか?

また、個人的に、ブログの大きな長所の一つは、自分の記事に寄せられるコメント等を通じて、自分が知らない情報や、自分にはないものの見方などを学べることだと考えている。最初から多額の購読料が期待できるなら別として、いくばくかの購読料を得ようとするためにそうした長所を殺してしまうことにならないだろうか?

こう考えてみると、従来のブログをそのまま有料化するというのは、アイディアとしてはイマイチかな。もちろん、個人投資家に人気の著名投資家(あるいはファイナンス学者)とかだったら、有料化するメリットはあるかもしれないけど。

自分なら、どんなブログだったらカネを払っても読んでみたいと思うだろう?
きっとその答えを見つけられるような人が、他の人より一足先に「経済的自由」を手に入れられる人なのかもしれないなあ・・
[ 2008/05/21 22:31 ] 雑記 | TB(0) | CM(3)

次女、誕生。

本日(2008年5月20日)、次女が産まれました。
出産予定日より5日遅れでずいぶんヤキモキしましたが、元気に産まれてきたので一安心です。今日は満月。満月の日は子供が産まれやすいというのは本当なんですね(笑)。

金持ち父さんは「持ち家は負債」と言っていますが、相互リンク先のPALCOMさんが先日のブログに書かれていたとおり(参考記事)、子供がいる場合はそうでない場合と比べて「経済的自由」の達成のハードルが高くなるのは紛れもない事実です。これはもちろん、子供がいると生活費や教育費が余計にかかるからですが、持ち家と同様の視点で考えれば、「子供は負債」と言うことになるんでしょうね。

でもまあ、憧れの投資家ジム・も子育てを「冒険」と読んで楽しんでいますし(個人的に、バフェットは尊敬する投資家、ジムは憧れの投資家と整理しました)、海外投資家の橘玲氏も「人間には正しくないことをする自由もある」と言っていますので、「子供が負債」でも気にしないということで。

ブログを拝見すると、子供をお持ちの投資家の方もけっこういらっしゃるようです。
かわいい子供たちのためにも、お互い頑張りましょ。

[ 2008/05/20 23:09 ] 雑記 | TB(0) | CM(7)

NHKスペシャル:沸騰都市(1)ドバイ

今日のNHKスペシャルはドバイの特集。個人的には、NHKスペシャルは作りがしっかりしていて好きな番組。今日の特集も僕にとってはとても面白かった。

ドバイは最近、日本でも有望な投資先として脚光を浴びているけど、個人的にはちょっと否定的。
もともと、自国民がろくに働かずに出稼ぎ外国人労働者を酷使しているのが気に入らないという好みの問題はあるけど、それを別にしても、ドバイという国の経済が安定して成長していけるのかどうか、個人的にはとても懐疑的。
個別銘柄の株価がいずれ企業価値に収束すると言われているように、ある国の株式市場の時価総額がいずれその国の経済価値に収束すると仮定すると、その国の経済の安定成長が期待できるかどうかがポイントになると思う。

そして、私の浅はかな経済知識では、国の経済成長は長期的に
労働人口の成長率 × 生産性の成長率
で計算できるとされているらしいんだけど、ドバイの労働人口や生産性が今後も安定成長を続けていけるのか、個人的にはちょっと根拠が見当たらない(逆に中国なんかは、生産性の低い労働力が地方に溢れているので、労働人口も生産性もしばらくは安定成長していくんじゃないかと思う。)。

今日のNHKスペシャルで、ドバイで儲けたイラン人の不動産投資家が、ドバイで不動産を買っている人の8割は投資家だと言っていたけど、果たしてそういった状態の経済が健全なのか、個人的にはちょっと疑問。
また、人口140万(そのうち70万はドバイ人の数分の一未満の給料で働く外国人出稼ぎ労働者)のドバイには、数年後に、1000万人規模の不動産物件が誕生すると紹介されていたけど、果たして「金融と観光がウリ」のこの国の人口が、今後そんなに増えるんだろうか。

もちろん、投資判断は人それぞれなので、ドバイは買い、という人と議論するつもりはない。時間が経てばマーケットが正しい答えを教えてくれるだろうし。そのときに私が笑うか、それとも爪を噛んで悔しがるかは、誰にも分からない(こんな記事を書いておきながら、後で気が変わってドバイに投資する可能性だってあるんだし。)。

今夜のNHKスペシャルは「沸騰都市」というシリーズもので、今夜が第1回。次回の第2回はロンドンらしい。次回も楽しみ。
[ 2008/05/18 23:37 ] 投資全般 海外投資 | TB(1) | CM(0)

理想の人生

相互リンクしている水瀬ケンイチさんの「ゴールデンウィーク早期リタイア考」というシリーズ記事が面白かった。
このGWは、久しぶりの長期休暇(11連休!)なのに妻が臨月で遠出ができず読書三昧の日々が続いていたので、水瀬さんの記事につられて自分の胸のうちを振り返ってみた。

水瀬さんのシリーズ記事の第2回に、
「生死をさまよって、生きている意味を考えた。好きなことをやらない人生なんて意味がない」
という水瀬さんの友人の言葉が紹介されている。

また、先日、やはり相互リンク先のまろさんがブログで紹介していたスティーブ・ジョブズのスピーチの中に、
「毎朝鏡を見て、『今日死ぬとして、自分が今日やろうとしていることは本当にやりたいことか』と自分に問いかける。答えが『No』の日が続いたら、そろそろ何かを変えるべきときだ」
という趣旨の一節があった(非常によいスピーチなので、お時間のある方はぜひ御一読を。日本語字幕つき。)。

いわゆる成功哲学系の本でも、自分が本当にやりたいことをみつけるには、自分の死を意識することが有効であると書いてあった(と記憶している)。
実は、(一部の方は知っていると思うけど)去年後半はけっこう仕事で参っていて、自分が本当にしたいことは何かということを、それこそ自分の死を意識して(誤解のないように付け加えると、別に自殺を考えたわけではない)かなり真剣に考えた。

そうして出した自分なりの答えは、笑っちゃうけど、
「旅と投資」
だった。ジム・ロジャーズの受け売りみたい(笑)

僕の中では、「旅と投資」にはかなりの共通点があると思っている。正しい地図はなくて、自分だけが頼りで、危険と不安はあるけど、まだ自分の知らない未知の世界が待っていて。僕にとってはどっちも「冒険」なんだよね。
まろさんは自分のブログで、投資にまつわる「知の編集」がしたいと書いていたけど、僕はきっと投資で「冒険をしたい」んだと思う。

だから僕は、いつか金銭的自由を手に入れたら、旅と投資をして生きて行きたい。
時間をかけて世界を回り、まだ知らない場所を訪れ、見たことのないものを見て、食べたことのないものを食べる。そして、何かチャンスを見つけたら投資する。そうやって人生を過ごせたら幸せだと思う。

・・・・う~ん、なんだか、もはや投資が手段ではなく目的になっている気がするな。
まあいいか、趣味:投資というのも悪くないかも。
投資が趣味なら、一生退屈はしないだろうしね。
[ 2008/05/05 00:07 ] 投資全般 投資哲学 | TB(1) | CM(8)

熊谷正寿著「一冊の手帳で夢は必ずかなう」

一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
熊谷正寿

かんき出版 2004-03-24
売り上げランキング : 2948
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

昨年の夏以降、部署が変わって仕事が急に忙しくなったので、整理整頓や時間管理に役立ちそうな本を何冊か読んでみた。

本書もそのうちの1冊で、新進のベンチャー企業であるGMO・グローバルメディアオンラインの代表取締役である熊谷正寿氏が書いたもの。

本書は、前半はいわゆる成功哲学の実践記、後半は著者の仕事術や経営術の紹介といった内容。時間管理のノウハウも多少書いてあったけど、そちらはわざわざお金を払うほどの価値のある情報ではなかったかな。

本書で私の印象に残った点は次のとおり。
○夢と目標の違い。目標とは、具体的な期限が設定されているもの(数値化されているとなおよい)。
○計画は年単位や月単位ではなく、長期(著者は15年)で考える。長期の計画を毎日のスケジュールに落とし込む
○「夢・人生ピラミッド」と「未来年表」を作る:健康、知識・教養、心・精神、社会・仕事、プライベート・家庭、経済・モノ・お金の各カテゴリーごとに達成すべき目標を決め、それを実現するための計画を立てる。
[ 2008/05/04 17:30 ] 読書感想文 | TB(0) | CM(0)

ジム・ロジャーズ著「大投資家ジム・ロジャーズが語る商品の時代」

大投資家ジム・ロジャーズが語る商品の時代大投資家ジム・ロジャーズが語る商品の時代
ジム・ロジャーズ 林 康史 望月 衛

日本経済新聞社 2005-06-23
売り上げランキング : 2611
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

尊敬する投資家ジム・ロジャーズの書いた商品取引の入門書です。
どうしていま「商品」なのかといった点に始まり、商品取引の特徴、代表的な商品の今後の見通し等が書かれています。
当然ながら「この商品を買えば『確実に』儲かる」という耳寄り情報は載っていませんが、本書を読めば、商品取引を始めるに当たって「何をどう勉強すればよいか」が分かるようになっています。

本書は商品取引の本ですが、当ブログで過去に紹介した2冊(「大投資家ジム・ロジャーズ 世界を行く」「冒険投資家ジム・ロジャーズの世界大発見」)と比べて、「安さ」と「(長期的で大きな)変化」というジムの投資哲学や、需給や用途、代替品のほか生産国・消費国の政治経済の状況・歴史などを広範に亘って調べ上げるジムの投資スタイルがよく学べるような気がします。
(ちなみに個人的には、ジムの投資哲学を知る上では、シュワッガーの「マーケットの魔術師」が最良だと考えています。)

本書の原著が出版されたのが2004年。昨年頃から原油や天然ガスに加えて農産物価格の上昇がたびたびニュースで報じられるようになりましたが、その3年以上も前から(実際には、ジムは2度目の世界一周を始める前の1998年に商品インデックスを作っていますので、いまから約10年前には)商品価格の高騰を予期していたなんて驚きです。

実際に商品に投資するかどうかは勉強してから考えればよい話ですが、投資家として少なくとも商品のことをもっと勉強する必要があるなと考えさせられた1冊でした。

そうそう、ジムは本書の中で、商品取引のことを「投機」と呼んでいますので、「賢明な」投資家を自負される方は手を出さない方が無難かもしれません(笑)

※念のため申し添えると、ジムは自分で商品インデックスを作っていまして、同インデックスを投資対象としている投資信託も存在します。ですので、本書はポジショントーク、という考え方もできなくはありませんので、「投資判断は自己責任でお願いします」
[ 2008/05/02 22:09 ] 読書感想文 | TB(0) | CM(2)

ブログ執筆時間

何の脈絡もなく恐縮ですが、ブログを書いているほかの方って、1つの記事を書くのに大体どれくらいの時間をかけていらっしゃるんでしょう?
もちろん、文章の長さ等によってかなり個人差があるのは承知しているんですが、どんなもんなんだろうと気になりまして。

ちなみに私は、平均して2時間くらいです。原稿はだいたいA4で1枚くらいで、30分以内に仕上げることを目指していますが、なかなか時間が短縮できません・・

差し支えなかったら、みなさんの状況を教えてください。


[ 2008/05/01 07:49 ] 雑記 | TB(0) | CM(8)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。