スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

柳谷晃「忘れてしまった高校の数学を復習する本」

相変わらず「超」多忙な日々が続いていて、ブログの更新は約1ヶ月ぶりです。前回、前々回とちょっと内省的な記事が続きましたが、今回は久しぶりに投資関連です(と言っても、数学の入門書の紹介ですが・・)。

忘れてしまった高校の数学を復習する本―高校数学ってこんなにやさしかった!?忘れてしまった高校の数学を復習する本―高校数学ってこんなにやさしかった!?
柳谷 晃

中経出版 2002-09
売り上げランキング : 1697
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

本書は、以前紹介した「まただまされたな、ワトスン君」の次に私が読んだ、数学の入門書です。高校2年を最後に数学から遠ざかっていた私でも、約1週間で高校数学の基礎が復習できました。
本書の魅力は、計算式の解法ではなく、数学的な考え方の説明に焦点を当てているところです。本書には、難しい計算式はまったく登場せん。その代わり、どうしてこういう公式が成り立つのか、その公式がどういう役に立つのか、といったようなことが分かりやすい日本語で丁寧に説明されています。

もちろん、高校数学の幅広い分野の基礎的な考え方を少しずつ紹介しているだけですので、本書を最後まで読み終えたからといって、微分・積分や確率・統計がマスターできるわけではありません。でも、「もう一度、数学を勉強し直してみようかな」という気持ちにさせてくれる1冊であることは確かです。

数学を勉強しなきゃとは思っているものの、数字をみただけで頭痛がするんだよなぁ、という方、まずは本書を手にとってみてはいかがでしょうか。


スポンサーサイト
[ 2007/10/29 23:30 ] 読書感想文 | TB(0) | CM(2)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。