スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本で販売されている投資信託は割高!

 先日の記事で、投資信託だけで「ファンド」を作ったことをお話ししましたが、今回、「ファンド」を作るためにいろいろとインデックスファンドを探して、気付いたことがあります。個人が購入できるノーロードのインデックスファンドが少ないのはもちろんですが、実は、企業年金専用ファンドの中には非常に低コストのインデックスファンドがある程度存在するということです。

また、私が選択した中央三井外国債券インデックスは、個人が購入できる貴重な海外債券インデックスファンドですが、個人客向けは販売手数料1.05%、信託報酬0.795%ですが、企業年金向けになると、販売手数料は無料で、信託報酬も0.6825%と個人向けと比べるといくぶんコストが安くなっています。(付け加えると、中央三井外国債券インデックスLというファンドは、信託報酬が0.2625%となっています)

そもそも、ファンドを企業年金専用にする意味が分かりませんし、同じインデックスに投資するインデックスファンドなのに、企業年金用かどうかで信託報酬が違うことも理解できません。

 さらに、割高なのは日本の金融機関が運用するファンドだけではありません。先日紹介した「ファンドの海」の記事では、トヨタアセット・海外株式ファンドに組み入れられているバンガードの各ファンドの信託報酬は、0.23~0.53%だそうです。これに対して、「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」の記事によると、マネックスが販売しているバンガードのファンドの信託報酬は0.89%であり、1.5~4倍近い差があります。

 こうしてみると、低コストで市場平均に見合ったリターンが得られる商品より、市場平均以上のリターンが「期待」できるだけで実際には高コストで金融機関の儲けの多い商品が熱心に販売されているような気がします。

 もっとも、こうした商品ばかりが販売されているのは、消費者にも原因があると思います。企業は経済合理性に基づいて行動するので、手数料の高いファンドを喜んで買う消費者がたくさんいるのに、利幅の少ないインデックスファンドを販売するわざわざ必要はありません。
 消費者がもっと賢くなって、数少ないインデックスファンドが「売れる」ようにならないと、現在のような状況は変わらないように思います。
スポンサーサイト
[ 2006/08/29 00:56 ] 投資全般 ファンド | TB(2) | CM(8)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。