スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

TOPIXインデックスへの投資(1989~2006)

以前、さわかみファンドへの投資を始めたという記事を書きましたが、諸般の事情により、現在はTOPIXのインデックスファンドかETFへの投資を検討しています。
 そうした折りに、rennyの備忘録さんや5000万円貯金さんのブログで、日本市場のインデックスへの投資の当否について考える機会がありました。
 インデックスファンドとETFを比較した場合、ETFは、最低購入価格が10万円を超えてしまうため、私の現在の収入ではドルコスト平均法を用いることができず、購入タイミングを間違えて市場平均を下回るというリスクがあります(実際、仮にバブルの絶頂期にETFを購入していたらいまだにマイナスです)。
 そこで、バブルの頃からインデックスファンドに投資していたら現在はどうなんだろうと考え、ちょっと検証してみました。


 ※検証には東京証券取引所のデータを利用しました。
  2006年については7月末日現在です。
  なお、信託報酬、分配金、物価変動は無視しています。

 結論からいうと、先月末時点で約8.4%、昨日の終値1601で考えると約10%のプラスでした。18年間で10%というと雀の涙みたいなリターンですが、1989年にETFを購入していたらいまだに約45%のマイナスであることを考えると、大きな違いです。
 この理由は、株安が長年続いたために購入原価がかなり低くなっているためであり、仮に1989年の水準まで株価が回復した場合は約45%のリターンが期待できます。
こうしてみると、日本企業への集中投資を基本とし、それ以外の投資対象にはあまり労力を割くつもりはない私にとっては、投資タイミングを考慮する必要のないインデックスファンドの方が良さそうです。

また、ファンドの海さんのブログの長期保有に投げかけられた疑問という記事が非常に参考になるので紹介しておきます。
スポンサーサイト
[ 2006/08/15 14:17 ] 投資全般 ファンド | TB(0) | CM(5)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。