スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

バフェット氏の寄付

少し古い話になりますが、バフェット氏が個人資産の85%、約4兆円をビル・ゲイツ氏の財団に寄付する旨の記事が出ていました。
これに関連して、先日見つけた投資ブログで、「バフェット氏の寄付に違和感」(2006.7.8,投資を楽しむ♪)という記事を見掛けました。要は、現金ではなく株式で寄付しても慈善事業の資金となりえないので、純粋な寄付行為ではないのではないかという趣旨のようです。
しかし、バフェット氏の個人資産のほとんどはバークシャーの株式であり、現金化にあたっては高額のキャピタルゲイン税が課されてしまいます。
また、財団法人は、手持ちの資金をすべて慈善事業に回すのではなく、基金を運用し、その収益を慈善事業に使う方が慈善事業の継続に資すると思います。
つまり、バフェット氏が現金で寄付した場合、ゲイツ財団が実際に受け取る金額は4兆円から大きく目減りしてしまううえ、受け取った現金を有価証券等に投資する際にもコスト(手数料)がかかってしまい、税金と再投資コストの分だけ無駄になってしまいます。
バフェット氏は今回の寄付の理由について、税金を払って財務省に任せるより、ゲイツ氏のほうがお金をうまく使ってくれるからと話しています。
こう考えると、株式で寄付というバフェット氏の選択は、非常にバフェット氏らしいのではないかと思います。

なお、バフェット氏は4兆円を一度に寄付するのではなく、毎年保有株式を5%ずつ寄付するそうです。また、寄付の条件は、ゲイツ夫妻のいずれかが健在であること、寄付が課税の対象とならないこと、だそうです。

〔関連記事〕
「米富豪バフェット氏、資産をゲイツ財団などに寄付へ」2006.6.26,たけくらべ 
「[ゴーログ]なぜ日本にはバフェットやゲイツが出てこないのか?」2006.07.14,週刊 木村剛 
「ウォーレンバフェットがビルゲイツに3兆円託して世界が変わる」2006.6.26,On Off and Beyond
「ウォーレン・バフェットという名の奇跡」株初心者の投資チャレンジ日記♪
「バフェット氏が寄付」2006-07-01,起業家100人挑戦日記
スポンサーサイト
[ 2006/07/24 23:59 ] 偉大な投資家 | TB(2) | CM(3)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。