スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

長期投資のための賢い信用取引

 「信用取引」というとハイリスク・ハイリターンを狙う投機色の強い取引で、長期投資とは縁のないイメージがあります。私自身、今年に入って信用取引を始めたところ、今年1月と5月の相場下落で追い証の必要が生じてポートフォリオの40%を既存してしまいました(妻には言えません・・)。なので、使いようによっては非常にハイリスクなものであることは確かです。
 しかし、信用取引で着実に利益を上げている人がいる(らしい)のも事実ですし、投資収益率を高めるためには金持ち父さんのいう「他人のお金」、つまりレバレッジの利用が不可欠です。
 そこで私は、信用取引という制度自体が危険なのではなく、問題はその使い方にあると考え、過去2回の失敗を無駄にしないよう、私なりに信用取引の賢い利用法を考えてみました。

1.株価下落リスクの考慮
信用取引の最大のリスクである追い証の発生原因は、a)代用証券の下落に伴う証拠金評価額の減少、b)建玉の下落に伴う証拠金評価額の減少、の2つです。
なので、建玉の額を株価の下落に耐えられる範囲に限定しておけば、追い証が生じるリスクは大幅に回避できます。問題は自分の保有銘柄、信用買い銘柄が一時的にせよどこまで下落する可能性があると考えるかですが、私の場合は最大で40%の下落があり得ると考え、
 建玉の額=3/4×代用証券の評価額+4/3×保証金の額
を超えないようにするつもりです。
2.投資銘柄の限定
逆説的に聞こえるかも知れませんが、信用取引の対象は「長期投資」にふさわしい銘柄に限定するべきです。現物取引で買わないような銘柄を借金してまで買う理由はどこにもありません。また、上記1のとおり、私の場合は最大で40%の下落があり得ると考えているので、下落リスクがそれより大きい銘柄は投資対象にはなりません。
3.投資タイミングの限定
信用取引はどうしても短期的な値動きによって損益が決まるので、「企業価値に照らして割安」であるだけでなく、「最近の価格動向に照らして割安」なときに限って投資する必要があります。
4.一般信用取引を使用
 金利をケチって返済期限に泣くなんてまっぴらです。
5.現引を利用
上記2のとおり、長期投資にふさわしい銘柄にだけ投資していれば、仮に株価が長期低迷して金利負担がかさみそうな場合は、現引してしまえば問題は解決します。そのためには、1銘柄に投資する金額を保証金額+近い将来に株式投資に使う金額(例えば、冬のボーナスなど)に限定する必要があります。

なお、「信用売り」の利用は想定していません。ピーター・リンチは、1万ドルの株式を買って失敗しても損は最大1万ドルだが、1万ドル空売りして失敗したときの損には天井がない、と言っています。もちろん、信用売りにも賢い利用法はあると思いますが、それには長期投資とはまったく違う能力が必要だと思うので。

〔関連記事〕
私の記事とはスタンスが違いますが、とても参考になります。
株式信用取引教室 るこちゃん『(新)ka☆buログ』
「●賢い投資家入門(37)」2005.6.25,あなたを賢い投資家にします
「信用取引の賢い使い方 ―レバレッジ 」2006.6.27,Trader's Cafe
スポンサーサイト
[ 2006/07/29 23:43 ] 投資全般 投資哲学 | TB(0) | CM(0)

「理想の自分」になるために

「金持ち父さん」シリーズを読んだ後、私は2つのジャンルの本を読むようになりました。1つは株式投資に関する本、もう一つはいわゆる「成功哲学」に関する本です。
成功哲学については何冊か本を読みましたが、基本的な内容はどれも同じ。要は、①明確な目標を定め、②その目標実現のための行動計画を立て、③目標の実現のために計画を実行していくこと、です。また、④常に前向きな心構えを持つこと、というのも重要なようです。
そして、私は、ウォーレン・バフェット氏のような偉大な投資家になることを目標にし、その目標の実現のためには、①ビジネスに対する理解を深めること、②会計と経営についての知識を習得すること、が必要と考えました。
まず、ビジネスに対する理解については、まずは上場企業についての基本情報をひととおり頭に入れることが必要と考え、四季報掲載企業をすべてチェックすることにしました。このブログを始めたのもこうした経緯からです。
また、会計と経営についての知識については、株式投資をするようになってから財務分析の本をちょっとかじった程度の知識しかないので、まずは簿記検定2級合格を目指すことにしました。実は、先月テキストを買ったきり「積ん読」状態になっていますが、今年秋の試験での合格に向けて頑張る予定です。ブログにこう書いておけば、いずれ結果を報告しなくちゃいけないので、モチベーションもあがりますし(笑)
[ 2006/07/26 22:22 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

あなたのお金の職業

「あたなのお金の職業は何ですか?」
ロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さんのパワー投資術」にはこんな言葉があります。
私にとっては、お金に対するそれまでの価値観を一変させるほど衝撃的な言葉でした。私はもともと、就職後すぐに投資信託を始め、その後外貨預金、個別株式などいろいろな「投資」をしていて、他人よりは投資に詳しいつもりでいましたが、あくまで「差額を儲ける」という発想にとどまっていました。
もちろん、「安く買って高く売る」ことは投資において重要ですが、一旦「売って」しまうと次に「買う」まではそのお金は何も生み出しません。いわば失業状態です。それより、自分のお金が安定してお金を稼いでくれる「職業」(投資対象)を見つける方が望ましい、ということに気付かされたんです。
私はその後、ロバート・キヨサキ氏の「金持ち父さん」シリーズを一通り読み、金持ちを目指して頑張ることにしたんですが、そのあたりの話はまたの機会に。
20060730150431.jpg


〔関連記事〕
「金持ち父さんのパワー投資術」2005.10.25, しし丸先生の教え
「金持ち父さんのパワー投資術」2006.6.25, 個人が豊かになる時代
[ 2006/07/25 23:37 ] 雑記 | TB(0) | CM(0)

バフェット氏の寄付

少し古い話になりますが、バフェット氏が個人資産の85%、約4兆円をビル・ゲイツ氏の財団に寄付する旨の記事が出ていました。
これに関連して、先日見つけた投資ブログで、「バフェット氏の寄付に違和感」(2006.7.8,投資を楽しむ♪)という記事を見掛けました。要は、現金ではなく株式で寄付しても慈善事業の資金となりえないので、純粋な寄付行為ではないのではないかという趣旨のようです。
しかし、バフェット氏の個人資産のほとんどはバークシャーの株式であり、現金化にあたっては高額のキャピタルゲイン税が課されてしまいます。
また、財団法人は、手持ちの資金をすべて慈善事業に回すのではなく、基金を運用し、その収益を慈善事業に使う方が慈善事業の継続に資すると思います。
つまり、バフェット氏が現金で寄付した場合、ゲイツ財団が実際に受け取る金額は4兆円から大きく目減りしてしまううえ、受け取った現金を有価証券等に投資する際にもコスト(手数料)がかかってしまい、税金と再投資コストの分だけ無駄になってしまいます。
バフェット氏は今回の寄付の理由について、税金を払って財務省に任せるより、ゲイツ氏のほうがお金をうまく使ってくれるからと話しています。
こう考えると、株式で寄付というバフェット氏の選択は、非常にバフェット氏らしいのではないかと思います。

なお、バフェット氏は4兆円を一度に寄付するのではなく、毎年保有株式を5%ずつ寄付するそうです。また、寄付の条件は、ゲイツ夫妻のいずれかが健在であること、寄付が課税の対象とならないこと、だそうです。

〔関連記事〕
「米富豪バフェット氏、資産をゲイツ財団などに寄付へ」2006.6.26,たけくらべ 
「[ゴーログ]なぜ日本にはバフェットやゲイツが出てこないのか?」2006.07.14,週刊 木村剛 
「ウォーレンバフェットがビルゲイツに3兆円託して世界が変わる」2006.6.26,On Off and Beyond
「ウォーレン・バフェットという名の奇跡」株初心者の投資チャレンジ日記♪
「バフェット氏が寄付」2006-07-01,起業家100人挑戦日記
[ 2006/07/24 23:59 ] 偉大な投資家 | TB(2) | CM(3)

調査開始!

このブログは昨日からですが、実際には、今月初めから四季報掲載企業の調査を始めています。
四季報掲載企業は約4000社。四季報は3か月おきに出版されるので、単純計算で毎日50社チェックする必要があります。
さすがにそれは続きそうになかったので、まずは会社四季報CD-ROMのスクリーニング機能を使って有望そうな企業500社程度に絞り込み、1日20社のペースでチェックをし、残りは適宜チェックするという方法にしました。
たまにサボったりしちゃいましたが、今日までに約300社をチェックしました。
今年の年末までには4000社すべてに一度目を通す予定です.
[ 2006/07/23 00:30 ] 投資全般 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。